被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

2006年発行 「東友」

2006年1月号(255号)
  • 被爆者の実情、願い 「年末見舞金」訪問から見える国の施策の問題点
  • 原爆症認定で第2次「集団申請」にとりくみます
  • 市民団体が宣伝・署名行動 東友会も被爆者として非戦・平和を訴え
  • 国・東京都の2006年度被爆者関連予算
  • 原爆症認定集団訴訟 東京訴訟 口頭弁論と被爆60年しめくくり行動
  • 東友会相談員養成研修会 相談活動の歴史、相談事例に学ぶ
  • 被爆60年 被爆者の地区の会が主催・共催した都内各地のとりくみ
  • 被爆60年に寄せられたピースリーフの言葉から
  • 被爆60年の「年末見舞金を贈るつどい」
  • 渋谷で原爆症認定集団訴訟の支援を訴え おりづるネットが年頭に宣伝行動
  • 「東友」読者からのお便り
  • 原爆症認定ケースbyケース(2006年1月)
2006年2月号(256号)
  • 原爆症認定「集団申請」よびかけに被爆者から反応続々
  • 東京おりづるネット宣伝行動 若者たちから感動的な反応
  • 二世検診の通年化の見通し立つ 東友会と地区の会の要望に都が回答
  • 原爆症認定集団訴訟 東京訴訟 いいかげんな認定行政にあらたな怒り
  • 東友会新春のつどい 被爆61年目の運動へ交流深める
  • 原爆症認定ケースbyケース(2006年2月)
2006年3月号(257号)
  • 原爆症認定集団申請 「私の病気は原爆と関係」「国に認めさせたい」
  • 原爆症認定集団訴訟 東京訴訟 結審は2006年7月12日に
  • 米国が通算22回目の臨界前核実験 被爆者が米大使館に抗議
  • 社団法人東友会が総会 相談事業等で2006年度事業計画決まる
  • 東友会医療講演会 高齢者の食事について多彩な話
  • すみやかな核兵器廃絶を保有国に迫ろう 3.1ビキニデーに参加して
  • おりづるネットが月例の街頭行動 渋谷で原爆パネル掲げ
  • 訃報 東友会顧問 小島利一さん、東友会常任理事 高木陽雄さん
2006年4月号(258号)
  • 「お花見平和のつどい」 核兵器なくせ、平和憲法を守ろう
  • 原爆症認定集団申請 東京で14人、全国で26人が申請書を提出
  • 原爆症認定集団訴訟 東京訴訟 他地裁での証言を趣旨説明
  • 在外被爆者裁判 最高裁で苦しい実情訴える
  • 原爆症認定ケースbyケース(2006年3月)
2006年5月号(259号)
  • 原爆症認定集団訴訟 大阪地裁判決 原告9人全員が全面勝利
  • 原爆症認定集団訴訟 東京訴訟 大阪判決を示しながら国に迫る
  • 「原爆のせいと認めてほしい」 原爆症認定集団申請に13人
  • 原爆症認定110番 NHKも取材 東京だけでなく全国から相談電話
  • 核兵器なくせ 平和憲法を壊すな 広島へ平和行進が出発
  • 訃報 元東友会常任理事 松谷幸江さん
2006年6月号(260号)
  • 核兵器廃絶の声を東京から世界へ 市民団体とともにピースアクション
  • ピースアクションでの証言朗読劇「61年目、はじめての被爆証言」から
  • 東友会総会 一人ひとりを大切にし、地区の会を基礎に
  • 被団協結成50周年の運動をがんばろう 日本被団協 総会と中央行動
  • 原爆症認定集団訴訟 大阪地裁判決に国が控訴
  • 「被爆者の病気、原爆症と認めて」 原爆症認定集団申請に東京から16人
  • 原爆症認定ケースbyケース(2006年5月)
2006年7月号(261号)
  • 原爆症認定集団訴訟 東京地裁結審 原告が命を削るような最終陳述
  • 「原爆被害を知らせるため余生をかけたい」 原爆症認定集団申請
  • 原爆症認定集団訴訟結審 東京おりづるネットと東友会が行動
  • 東京おりづるネットが総会 厚労省のある東京の役割を強調
  • バンクーバー世界平和フォーラム 97カ国から4000人
  • 訃報 元東友会事務局長 米内達成さん
  • 原爆症認定ケースbyケース(2006年7月)
2006年8月号(262号)
  • 原爆症認定集団訴訟 広島地裁でも全面勝訴 東京では「控訴するな」と連日行動
  • 原爆症認定制度の抜本的改定へ 国会議員と懇談、署名も
  • 慰霊祭・追悼のつどい 原爆被害の深刻さを胸にきざんで
  • 被爆61年 広島・長崎で祈念式典、献水式にのぞむ
  • 代々木病院で被爆者集団健診
  • 原爆症認定ケースbyケース(2006年8月)
2006年9月号(263号)
  • 次年度予算への要望で都議会各会派がヒアリング(聴き取り)
  • アメリカの臨界前核実験に被爆者が抗議 外務省へも「抗議を」と要請
  • 「入市被爆でも原爆の影響ある」 原爆症認定集団申請 東京で10人
  • 東友会相談員養成合宿研修会 原爆症認定裁判、医療・介護制度を学ぶ
  • 2006年アメリカ遊説報告 核保有国の草の根の人々に訴えて
  • 原爆症認定制度の抜本改善へ 国会議員への働きかけつづく
2006年10月号(264号)
  • 東友会医療講演会 糖尿病と肥満について興味深く
  • 1キロ直爆でも国は原爆症と認めず 被爆者の願いに逆行
  • 「認定却下は納得できない」 原爆症認定集団訴訟 新たに10人が原告に
  • 原爆症認定の集団申請者100人超える 「原爆被害の深刻さ伝えたい」
  • 厚生労働省への対策で原爆症認定など3訴訟の弁護団が共闘集会
  • 原爆症認定制度の抜本改善へ 国会議員への働きかけつづく
  • 北朝鮮が「核実験を実施」と発表 東友会が抗議声明
  • 訃報 元東友会事業部長 高橋一さん、元東友会常任理事 竹内功さん
  • 原爆症認定ケースbyケース(2006年9月、10月)
2006年11月号(265号)
  • 厚労省、原爆症認定集団申請の13人を却下 提訴を決意する被爆者たち
  • 原爆症認定制度の抜本改善を求める賛同署名 菅直人議員がサイン
  • 日本被団協結成50周年 被爆者運動半世紀の歩み
  • 東京大空襲被害者と原爆被爆者が浅草をピースウォーク
  • 原爆症認定第2次集団申請 被爆後の不安強く
  • 原爆症認定制度の抜本改善へ 国会議員への働きかけつづく
  • 杉並で原爆症認定集団訴訟の提訴説明会 提訴予定者の声切実
  • 募金ありがとうございます 団地自治会、労働組合から
  • 原爆症認定ケースbyケース(2006年11月)
2006年12月号(266号)
  • 東友会の歴史と被爆者の基本要求 被爆者・支援者らが学ぶ
  • 国は戦争被害「受忍」強いるな 中国残留孤児の座りこみに激励・連帯
  • 原爆症認定制度の抜本改善へ 国会議員への働きかけつづく
  • 原爆症認定集団訴訟の原告 須田芳子さんが死去
  • 5会場で東都生協と東友会の交流会 世代を超えてふれあうことの大切さ
  • 原爆症認定第2次集団申請ひと区切り 計33地区106人に