被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

新聞「東友」の紹介

 東友会は、被爆者の取り組みや、制度の解説を載せた「東友」を毎月発行しています。主な記事を転載しました。
 新聞「東友」の購読料は年間2000円です。「核兵器廃絶」と「原爆被害に国家補償」を求める東友会の運動、相談事業を支える重要な財源になっています。「東友」を購読いただけますよう、お願い申し上げます。お電話・ファックス、「購読のお願い」ページからお申し込みいただけます。

2020年3月号(425号)

ノーモア・ヒバクシャ訴訟 最高裁が不当判決
、原告3人を原爆症と認めない不当判決。被爆の実情や被爆者の苦しみを真っ向から否定した内容。
最高裁判決 原告団、弁護団、日本被団協の声明
不当な判決に、原告団、弁護団、日本被団協は被爆者の立場を貫く姿勢で「声明」を発表。
NHKニュースが東友会相談所を取材・放送
原爆症と認定されている被爆者が全体の5%に過ぎないことや相談員へのインタビューを報道。
原爆死没者慰霊式・祈念式典派遣40周年
1981年8月以後、東友会は東京都の依頼を受けて毎年、遺族代表を派遣してきました。
新型コロナウイルスの感染拡大にともなう東友会の活動について
3月末時点では事務局・相談所は通常どおりの運営ですが、相談会等は中止または延期に。
【連載】被爆者が国に問うこと 第10回 原爆死没者一人ひとりを見すえて
1990年5月、厚生省が発表した死没者調査の結果は数字のみ。東友会は原爆死没者名簿を刊行。
原爆症認定ケース by ケース(2020年2月16日~3月15日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出した被爆者のうち6人が認定されましたので紹介します。

2020年2月号(424号)

ノーモア・ヒバクシャ訴訟 最高裁で弁論
原爆症認定訴訟の最高裁での弁論は初。各高裁判決は判断が分かれており、最高裁でどう判断されるのか注目されます。
ノーモア訴訟大阪地裁判決 2歳被爆者に当時の状況説明求める
1人が勝訴し2人が敗訴。敗訴原告については、7歳と2歳だった被爆当時の状況の証明を求めるという非情なもの。
東友会2020年新春のつどい 被爆75年の展望を見つめ合う場に
高齢化がすすむなかでも、被爆75年の節目の年頭にあたって和やかで励まし合える交流の場に。各政党から来賓も。
被爆者の会の活動継続を 世田谷で相談会
被爆者の地区の会の活動が難しくなっている世田谷区で、2019年10月に続き2回目の相談会が開かれました。
福島原発被害東京訴訟 東友会は傍聴参加で支援・連帯
東友会は「福島原発被害東京訴訟」支援を決め、東京高裁での口頭弁論傍聴をよびかけ。報告集会では原告を激励。
2月の6・9行動 寒風ついて署名を訴え
冷たいビル風の吹くなかヒバクシャ国際署名を呼びかけるとともに、英語、中国語、朝鮮・韓国語のチラシを配布。
「年末見舞い交流会」ひらく 訪問結果を共有し今後の活動に生かそう
都内30区市144人の報告書から訪問の体制や訪問先の反応と被爆者の実態を分析。各地区から報告も。
【連載】被爆者が国に問うこと 第9回 援護法制定へ、学び行動した東友会
1991年から、東友会は連続講座で学ぶとともに国会議員要請に参加。意見書採択を拒む都議会に対し、都議に賛同署名を呼びかけ。
原爆症認定ケース by ケース(2020年1月15日~2月15日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出した被爆者のうち4人と、東友会が対応した山口県の被爆者が認定されました。

2020年1月号(423号)

被爆75年を核兵器廃絶への転機に 新宿で新春6・9行動
「核兵器禁止条約」を発効させようと、新宿駅西口で署名を呼びかけ。被爆者や国会議員や高校生らが訴えました。
厚労大臣との定期協議 初めて一問一答形式も内容に進展なし
原爆症認定の見直しや原爆被害への国家補償、核兵器廃絶問題などについては、大臣は従来の回答をくり返すのみ。
2020年(被爆75年)を迎えるにあたって
2020年の年頭にあたって、家島昌志代表理事のメッセージです。
「最高裁への手紙」――被爆者から最高裁判事へ
生涯にわたる被爆者の苦しみを裁判官に伝える「最高裁への手紙」。12人の「手紙」の要旨を掲載。
【寄稿】核兵器のない世界へ 被爆75年の世界の流れと運動
核廃絶を求める潮流と核を持ち続けようとする流れがせめぎ合う世界。高草木博さん(日本原水協代表理事)に状況を綴っていただきました。
【寄稿】「ふたたび被爆者をつくらない」ため 被爆者の「国家補償」要求
「原爆被害者の基本要求」策定の中心になった吉田一人さん(当時、日本被団協事務局次長)にまとめていただきました。
被爆者年末お見舞い訪問 気持ち伝え合い安否を問う
お見舞金と編み物を持って、お見舞い訪問がおこなわれました。その報告を紹介します。
東京被爆二世の会 ナガサキ学習ツアーなど実施
おりづるの子(東京被爆二世の会)は「ヒバクシャ国際署名」などにも引き続き取り組んでいます。
【連載】被爆者が国に問うこと 第8回 野党共同提案の被爆者援護法が可決
1989年、消費税導入とリクルート事件をきっかけに参議院では与野党が逆転、被爆者援護法案が可決されるも…
原爆症認定ケース by ケース(2019年12月18日~2020年1月14日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出した被爆者のうち2人が認定されましたので紹介します。

2019年12月号(422号)

ヒバクシャ国際署名をすすめる都民のつどい 原爆が人間に何をしたかを学ぶ
被爆証言、核兵器禁止条約採択を後押しした署名の役割についての講演、署名に取り組む団体から報告も。
被爆者援護法についての学習会 先人たちの気迫あふれる議論に学ぶ
現行の被爆者援護法は、被爆者の求めた内容から後退し国の戦争責任を回避したもの。成立直後にはさまざまな意見が。
ノーモア訴訟大阪地裁判決 これまでの司法判断を逆戻りさせた不当判決
原告3人の訴えをすべて退ける不当判決。判決を受け、東京では厚生労働省への要請行動を行いました。
2019年最後の街頭行動 ローマ教皇の言葉も紹介
被爆者援護・連帯を掲げ、核兵器廃絶を願う「6・9行動」。署名を呼びかける被爆者の訴えを聞いて駆け寄ってくる人も。
慰霊碑清掃 1年の締めくくりに
「慰霊碑は被爆者と遺族の拠り所、『東京の広島・長崎』だ」と、年5回清掃しています。
被爆者に年末お見舞い金を贈るつどい 忘れ去られる被爆者をつくらない
「核のゴミはふやさない、埋めない」の講演、駅頭での署名運動などの紹介、「最高裁への手紙」運動への協力呼びかけも。
【連載】被爆者が国に問うこと 第7回 援護法賛同国会議員署名が過半数突破
1980年代、国家補償の被爆者援護法を求める世論が強まり、与党自民党は自治体の促進決議を妨害。
原爆症認定ケース by ケース(2019年11月18日~12月17日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出した被爆者のうち4人が認定されましたので紹介します。

2019年11月号(421号)

ノーモア訴訟 最高裁が弁論開廷を決定 署名提出し要請
原爆被爆関連で初の弁論を開くことにした最高裁。被爆者のナマの声を初めて聞く最高裁へ要請行動。
東友会 地区なんでも相談会(練馬など) 制度の成り立ち中心に講演
事前の要望に応え制度の成り立ちを説明。運動により勝ち取られたもので、守り充実させるには努力と行動が大切と強調。
東友会「医療講演会」 社会参加が高齢者の元気をつくる
スポーツ科学の専門家、荒木邦子先生が「高齢者がどうすれば健康を維持し元気な社会生活が送れるか」を中心に講演。
世田谷で被爆者地区の会活動強化の相談会
被爆者の地区の会の活動が困難になっている世田谷区で相談会が開かれました。被爆二世から「お手伝いしたい」との声も。
「原爆被害者の墓」の前で故人を偲ぶつどい 年一度でも心通わせられる機会
「原爆被害者の墓の前で故人を偲ぶつどい」が開かれ、「今年も来たよ。歩ける間は会いに来るね」と声をかけた遺族の姿も。
11月の6・9行動 被爆者と語り合う姿
新宿駅西口でヒバクシャ国際署名へ協力を呼びかけ。核兵器禁止国際条約批准国を示した世界地図を見て被爆者と語り合う姿も。
【連載】被爆者が国に問うこと 第6回 日本被団協の原爆被害者調査
1985年、政府は原爆死没者調査を含めた調査を実施。しかし対象者も内容も不十分で、日本被団協は独自調査を開始。
原爆症認定ケース by ケース(2019年10月16日~11月17日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出した被爆者のうち7人が認定されましたので紹介します。

2019年10月号(420号)

東京都福祉保健局と東友会の懇談 要望に丁寧な回答
被爆者と被爆二世の要望には具体的な改善点示す回答が。恒例の被爆証言は被爆から半年後に産まれた胎内被爆者が担当。
ヒバクシャ国際署名1000万超える 東京連絡会集約分は69万に
国連総会第一委員会に目録を提出。一方で日本政府は「核兵器禁止条約」への署名・批准を拒否、米国の核戦略を支持しています。
東友会 相談員養成研修交流会 被爆者の現状知り申請書類で学ぶ
医師による「被爆者の現状と長生きの秘訣」の講演と、東友会相談員による「地区相談員がまず知っておきたいこと」の説明が。
東京都在住の被爆者数は最高時の半分以下に
東京都福祉保健局が、都内の被爆者健康手帳所持者数と東京都健康診断受診票(子)所持者数(2019年3月末現在)を発表。
東友会 地区なんでも相談会(文京・新宿) きめ細かな対応が好評
文京区・新宿区と、被爆者の地区の会がない千代田、中央、台東の各区に住む被爆者、被爆二世に案内を送っての開催。
日本被団協が全国代表者会議 被団協組織の将来展望を真剣に討議
「日本被団協の将来展望に関わる提言」の追加報告について熱のこもった発言が。翌日の中央行動では厚労省や政党に要請。
「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」 大々的に宣伝 国会議員も参加
国連本部で初めて核軍縮に関するハイレベル会議が開かれたことを記念し、国連が定めた行動日。街頭演説会と署名行動が。
10月の6・9行動 批准国の現状など展示
新宿駅西口でヒバクシャ国際署名を呼びかけ。「核兵器禁止条約批准国」を示す世界地図を見たり、被爆者の訴えに耳を傾ける人々。
【連載】被爆者が国に問うこと 第5回 被爆40年都民運動と全国行脚
『原爆被害者の基本要求』を広げようと、東友会は被爆者援護法制定請願署名を都民に広げ、首長・議長全員の賛同署名を得ようと奮闘。

2019年9月号(419号)

被爆74年目の夏 各地で原爆展・平和展など多彩に
地域で原爆展・平和展に取り組んだ被爆者の地区の会からの報告を紹介。猛暑や台風の影響のなか、高齢の被爆者が奮闘。
ロータリークラブの例会で被爆証言 幅広い団体への実相普及をめざす
被爆者の生き様と思いを語り、東友会の組織と活動の紹介をして支援を訴え、ヒバクシャ国際署名への協力を呼びかけ。
都議会予算要望ヒアリングつづく がん検診の改善などで議論すすむ
8月22日に立憲民主党・民主クラブ、23日に都民ファーストの会と懇談。自民党には9月9日に書面で届けました。
東京オリンピックの期間に原爆展を 都議会本会議で都知事に質問
オリンピック・パラリンピック開催の東京都主催での原爆展開催は、東友会が東京都と都議会各会派に要望してきたもの。
9月の6・9行動 日本政府の態度に失望
新宿西口でヒバクシャ国際署名を呼びかけ。日本政府が核兵器禁止条約に反対していると聞き「ショックだ」という人も。
第50回原爆忌東京俳句大会 東友会に支援募金寄せられる
会場で被爆者運動支援募金が訴えられ、集められた募金は東友会に届けられました。
【連載】被爆者が国に問うこと 第4回 『原爆被害者の基本要求』の発表
1982年、国連で山口仙二さんが自身のケロイドの写真を掲げ核廃絶を訴え。被団協は『原爆被害者の基本要求』をまとめます。

2019年8月号(418号)

原爆犠牲者追悼のつどい 原爆惨害語り継ぐ決意あらたに
都知事が式辞を述べ、都知事、国会議員、都議会議員、自治体首長・議長と葛飾区議会議員、被爆者・二世、都民らが献花。
追悼のつどい後に交流会 原爆死めぐる講話・討論 マスコミも注目
「原爆被害について学び、語り合う交流会」は、原爆被害の実相をより深く広く知らせること、被爆体験の継承が目的。
葛飾「非核平和祈念のつどい」 被爆者が核廃絶の悲願こめ挨拶
核兵器廃絶と恒久平和を区民とともに祈念するため、葛飾区が毎年開催。被爆者が挨拶、中学生による詩の輪読など。
都議会予算要望ヒアリング始まる 共産、公明の2会派と懇談
都議会各会派によるヒアリング。2019年7月25日には日本共産党都議会議員団と都議会公明党の2会派と面談。
被爆74年目の広島・長崎 被爆者・市民の願いと政府の落差浮き彫り
東友会は広島・長崎で原爆犠牲者の追悼事業。長崎の式典では被爆者代表が首相に「核兵器廃絶の態度を示してほしい」と直言。
夏 各地のとりくみから 原爆被害の真実を伝えずにはいられない
都内の被爆者の会が、被爆の実相、原爆の非人間性、原爆被害の真実を後世に引き継ぐため原爆展開催など取り組み。
「生命もてここに証す」 2019年は原爆死がテーマ
原爆投下後の広島・長崎で、戦後の生活のなかで、被爆者がどう死と向き合い、傷を背負ってきたかを、5人の被爆証言からまとめ。
原水爆禁止世界大会 被爆者が生きているうちに国の償いを
原水爆禁止2019年世界大会に東友会代表として参加した、広中弘道さんのレポートです。
「署名名人の被爆者」日本生協連のニュースで紹介
「ピースアクションニュース」に、中野の被爆者の会「長広会」の江口幸子さんが紹介されています。
核兵器禁止条約の批准国が発効条件の半数に 日本被団協が声明
2019年8月6日、ボリビア政府が批准書を国連に寄託。大使は「原爆で命を落とした人びとを忘れないため、この日に寄託した」と。
広島・長崎にある「東京の木」の話
1985年、東友会は広島・長崎両市に慰霊墓参団派遣を計画、東京の被爆者が集まれる場所を被爆地にと「東京の木」植樹へ。
【連載】被爆者が国に問うこと 第3回 国民法廷運動と被爆者・遺族調査
政府の原爆被害「受忍論」を裁く国民法廷が1981年都内で16回開廷。東友会は被爆者と遺族を対象にした実態調査を開始。
原爆症認定ケース by ケース(2019年7月16日~8月15日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出した被爆者のうち6人が認定されましたので紹介します。

2019年7月号(417号)

福島第一原発事故の現状を学ぶ 原爆も原発も国の政策が根に
東友会は福島第一原発事故の現状を学ぶ学習会を開催。講師はいわき市民訴訟原告団長の伊東達也さん。
ヒバクシャ国際署名のさらなる前進を 被爆者、若者らがピースウェーブ
ヒバクシャ国際署名全国連絡会が「ピースウェーブ2019東京」を開催。署名活動、署名数、などの紹介をうけ、活発な討議が。
日本被団協 総会と中央行動 核兵器廃絶と国家補償の二本柱を軸に
原爆症認定に関わる訴訟の原告団長として16年間たたかった山本英典さんが支援に感謝。中央行動では厚労省、外務省と交渉。
被爆者数15万人切る 厚労省が公表
被爆者健康手帳所持者は15万人を切り、最高時の1981年3月末の37万人余からみて39%に。平均年齢も82.7歳に。
7月の6・9行動 被爆者の訴えに反応
3人の被爆者が自らの被爆体験を語り、ヒバクシャ国際署名への賛同を呼び掛け。幅広い人が被爆者の話に耳を傾け署名。
【連載】被爆者が国に問うこと 第2回 原爆被害の真実を広く深く国民に
1981年、日本被団協は「受忍論」を打ち破るため、署名推進と国民法廷運動を提起。運動は学者や弁護士の協力も得て広がります。
原爆症認定ケース by ケース(2019年6月16日~7月15日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出した被爆者のうち5人が認定され、1人が却下されましたので紹介します。

2019年6月号(416号)

東友会総会 核兵器なくせ/原爆被害への国の償い 二本柱の運動を
核兵器廃絶と原爆被害への国の償いを求める運動推進、被爆者相談事業の一層の重要性を確認。東京都原爆被害者団体協議会も総会。
アメリカが臨界前核実験 核兵器禁止条約に逆行する暴挙に抗議
2019年2月13日米国が臨界前核実験をおこなっていたことが明らかに。日本被団協は米トランプ政権あての抗議文を米大使館に送付。
原爆症認定 被爆者と厚労省の事務折衝、大阪と長崎2つの地裁で判決
厚労省は原爆症認定の基準は変更できないと繰り返すばかり。大阪と長崎のノーモア・ヒバクシャ訴訟では7人の原告のうち3人が勝訴。
東友会・原爆被爆者相談所 その活動と相談件数の推移
東友会は結成当時から被爆者からの相談に対応してきましたが、相談内容や傾向は被爆者や被爆二世の年齢につれて特徴が。
足立区で被爆者見舞金が実現
足立区から被爆者への見舞金が実現。足立の被爆者の会総会には、足立区社会福祉協議会の常務理事と足立区総務部長などが参加。
東京被爆二世の会 ナガサキ学習ツアー実現へ
おりづるの子(東京被爆二世の会)は「ヒバクシャ国際署名」に引き続き取り組み、2019年度はナガサキ学習ツアーの実現を目指しています。
2019ピースアクション&ピースパレード 被爆証言に感動
東友会、東京都生協連、東京地婦連が共催。ピースコンサート、被爆証言ビデオの鑑賞などのあと、参加者は渋谷の街をパレード。
被爆者に大好評 立川相互ふれあいクリニックの集団健診
受診者一人に一人のボランティアが付き添うきめ細かな対応が特徴で、同クリニックの周辺、北多摩地区に住む被爆者に好評。
6月の6・9行動 91歳の被爆者が参加
91歳の女性被爆者を含めた参加者は、新宿西口で道行く人たちに声をかけ、ヒバクシャ国際署名への賛同を呼びかけ。
【連載】被爆者が国に問うこと 第1回 被爆者運動の盛り上がりと「受忍論」
1970年代、被爆者の運動とその広がり、最高裁の判断などを背景に、厚生大臣が「原爆被爆者対策基本問題懇談会」を発足させますが…
原爆症認定ケース by ケース(2019年4月16日~5月15日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出した被爆者のうち8人が認定されましたので紹介します。

2019年5月号(415号)

核兵器廃絶の早期実現を求め 2019年平和行進が出発
5月6日、「2019年国民平和大行進」が第五福竜丸展示館前から出発。東友会の被爆者も行進の先頭に立ち、沿道の人びとに訴え。
被爆の真実、被爆者の願いを後世に伝えるため 学習会開催
被爆当時の記憶を持つ被爆者が減っていくなか、後世に被爆の実相をどう伝えていくかという問題意識から、東友会は学習会を開催。
ノーモア長崎訴訟 福岡高裁で敗訴
白内障について原爆症認定の条件のひとつ「要医療性」の判断が争点。同じ争点について広島地裁・高裁は被爆者側の主張を認めています。
ヒバクシャ国際署名941万人分国連へ提出 国連などで被爆証言も
NPT(核不拡散条約)再検討会議第3回準備委員会が開かれている国連本部で、被爆者の手により署名がサイード議長に提出されました。
【訃報】 元協議会会計 長久勝之さん
長久勝之さんは、2007年から2008年まで東友会会計・財政委員長。2006年6月、原爆症認定第2次集団申請に参加し、訴訟運動にも尽力。
役員の紹介「東友会とともに」 園田久子さん
被爆時幼児だった「若手」被爆者の役員や、非被爆者の役員を順次紹介する連載です。

2019年4月号(414号)

地区なんでも相談会 立川市では初の開催
被爆者の健康診断とがん検診、原爆症認定と医療特別手当、医療保険と介護保険の被爆者の助成、被爆二世の施策について説明。
被爆の実相・被爆者の実情にかなった制度に 被団協「提言」
日本被団協は、全国の被爆者の声を集め、医師や弁護士などの専門家と協議して、原爆症認定の在り方に対する「提言」をまとめています。
被爆者の地区の会 人々と共同して
杉並では「原爆の図 第10部『署名』を見よう」展が、稲城では「わすれないで!3.11 原発再稼働はやめて」をテーマにした集会が。
4月の6・9行動 駆け寄って署名する人も
新宿駅西口で核兵器廃絶を求める6・9行動。被爆国日本の政府は、世界から核兵器をなくす先頭に立って欲しいと呼びかけ。
原爆症認定ケース by ケース(2019年3月17日~4月15日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出した被爆者のうち3人が認定されましたので紹介します。
役員の紹介「東友会とともに」 向山新さん
被爆時幼児だった「若手」被爆者の役員や、非被爆者の役員を順次紹介する連載です。