被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

東京の被爆者団体 東友会

 東友会(とうゆうかい) は、東京に住んでいる被爆者が1958年11月16日に結成しました。その後60年以上、被爆者と家族のための事業を続けている、東京レベルでただひとつの団体です。くわしくは、東友会の紹介をご覧ください。

東友会相談所の新型コロナウイルス感染症への対応について

2022年3月21日で東京都の「まん延防止等重点措置」が終了しました。来所しての直接面談も再開しています。なお、直接面談をご希望される方は、必ず事前にご連絡くださるようお願いいたします。急に来所されても、出張等で担当相談員がおらず、対応できないことがあります。

相談所 夏期休業のお知らせ

8月12日(金)から15日(月)までの4日間、東友会相談所は休みとなります。
休みの間は相談所で電話をお受けできないほか、Eメールやファックスでのご相談の対応も8月16日(火)以降になりますことをご了承ください。

ロシアのウクライナ侵攻に抗議する代表理事声明

 2022年2月24日、ロシアがウクライナに軍事侵攻を開始しました。かねてより緊張が高まっていたロシア・ウクライナ情勢ですが、現実に軍事侵攻がおこなわれたことに対し、日本被団協はいち早く事務局長談話を発表。東友会も代表理事声明を出しました。

米国の臨界前核実験に抗議し、命を軽んじない世界を求めます

 米バイデン政権が昨年(2021年)6月と9月の2回臨界前核実験をおこなっていたという報道を受け、抗議の意思を掲載します。

新聞「東友」最新号から

核兵器禁止条約の第1回締約国会議
家島昌志東友会代表理事が参加
――6月21日から23日
異例の早い梅雨明けで猛暑の新宿駅前。
政府に核兵器禁止条約参加を求め署名よびかけ。
――6月6日
「被爆証言を学び広げるための学習会」を開催。
幼年・胎内被爆者が証言。
――7月2日

現在の連載

相談のひろば・相談電話のこえ最新記事

「東友」バックナンバー

より以前の記事も、年ごとにまとめてあります。