被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時から午後5時、土曜 午前10時から午後3時

「相談電話のこえ」 2024年

2024年「東友」1月号から

原爆症認定申請のための検査も、治療も身体に負担をかけるとの助言を受け…

 91歳、女性。広島2.5キロ直接被爆。長男から原爆症認定申請についての相談。

 母が腎臓がんと診断されました。東友会の資料を見て原爆症と認定される可能性があることを知り、書類を送ってもらいましたが、主治医の助言に従い、家族で相談して申請は出さないことにしました。
 主治医によれば、「画像検査などで腎臓がんがあることは明らかだ。しかし、厚生労働省が指定する『原爆症認定申請に必要な添付書類の一覧』には、がんの確定診断のために細胞を直接調べるなど身体に負担をかける検査が必要と書かれている。治療が必要らしいが、長期入院して経過も思わしくない高齢者に制がん剤などの負担をかける治療をするかどうかは難しい。そのような検査や治療は命にかかわることもあるので医師としては奨めたくない」とのことでした。
 被爆して80年近く、いろいろ苦しんできた母なので、認められるとよいと思ったのですが、残念です。