被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

東京の被爆者団体、東友会です

 東友会(とうゆうかい) は、東京に住んでいる被爆者が1958年11月16日に結成しました。その後60年以上、被爆者と家族のための事業を続けている、東京レベルでただひとつの団体です。くわしくは、東友会の紹介をご覧ください。

お知らせ

『常緑樹』83号を発行 テーマは「介護保険と被爆者の制度」

 東京都から委託を受けて東友会が企画・編集している『常緑樹』の83号が発行されました。今回のテーマは「介護保険と被爆者の制度(改定版)」です。
 被爆者と二世のみなさんには「東友」2020年1月号の付録として同封して送付します。ぜひご活用ください。

ノーモア・ヒバクシャ訴訟にご支援を!

最高裁が弁論を開廷 期日は2020年1月21日

 詳報はお待ちください。以下は2019年12月に掲載した内容です。

 原爆被爆関連では最高裁初の弁論です。被爆75年の年に、最高裁が初めて被爆者のナマの声を聞くことになります。最高裁には現在、愛知、広島、長崎の3件の裁判が上告されています。3件とも原爆症認定要件の一つ「要医療性」の判断についてです。最高裁による「要医療性」についての判断は今回が初めて。要件「放射線起因性」については、2000年7月、長崎原爆松谷訴訟上告審で判断が出されています。

核兵器禁止条約の実現を! ヒバクシャ国際署名にご協力ください

 被爆者の悲願である核兵器禁止条約の交渉会議が始まっています。核兵器廃絶を実現させるための「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」(略称:ヒバクシャ国際署名)を広げるために、東友会は東京連絡会の事務局を担当しています。「署名のお願い」ページをご覧ください。