ようこそ、東友会のウェブサイトへ

 東友会(とうゆうかい) は、東京に住んでいる被爆者が1958年11月16日に結成しました。その後50年以上、励まし合いながら被爆者と家族のための事業を続けている、東京レベルでただひとつの団体です。くわしくは、東友会の紹介をご覧ください。

お知らせ

『常緑樹』82号を発行 テーマは「被爆者の制度 ここがポイント」

東京都から委託を受けて東友会が企画・編集している『常緑樹』の82号が発行されました。今回のテーマは「被爆者の制度 ここがポイント」。
 被爆者が高齢となり、介護を受ける人が急増する中、被爆者の家族や介護施設の人から「被爆者の制度について教えて欲しい」という相談が増えています。そこで、被爆者の制度に初めてふれる人たちを意識して、絶対に外せない基本的な点について、東友会事務局でまとめました。

 被爆者と二世のみなさんには、「東友」2019年1月号の付録として同封します。

ノーモア・ヒバクシャ訴訟にご支援を!

東京第2次訴訟 高裁でも被爆者勝訴、国は上告を断念

 東京のノーモア・ヒバクシャ訴訟は、第1次訴訟・第2次訴訟とも被爆者が全員が勝訴となりました。
(追記) 国の上告断念により、勝訴判決は確定となりました。

ノーモア訴訟 新リーフ完成

 ノーモア・ヒバクシャ訴訟全国原告団・弁護団が作成した新しいリーフが完成しました。原爆症認定制度、ノーモア訴訟の成果と、訴訟解決のために日本被団協が提起している「提言」、2009年に首相と日本被団協が締結した「確認書」の内容などが紹介されています。
 リーフは無料です。ご希望の方は、東友会まで。

核兵器禁止条約の実現を! ヒバクシャ国際署名にご協力ください

 被爆者の悲願である核兵器禁止条約の交渉会議が始まっています。核兵器廃絶を実現させるための「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」(略称:ヒバクシャ国際署名)を広げるために、東友会は東京連絡会の事務局を担当しています。「署名のお願い」ページをご覧ください。

被爆者国際署名 東京推進ニュース

 PDF形式です。ただし、文字も含め全て画像のためファイルサイズが大きくなっており、文字列の選択等はできません。ご了承ください。

新聞「東友」最新号から

新春、新宿西口で「ヒバクシャ国際署名」への協力を訴え―1月7日
厚労大臣との定期協議 従来の姿勢から進展なし―12月20日
大田区内で「なんでも相談会」開催―11月25日

月刊の新聞「東友」の記事です。バックナンバーはこちらから。

相談のひろば・相談電話のこえ最新記事