被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時から午後5時、土曜 午前10時から午後3時

【連載】東友会の歴史を学ぶ 先人たちと目指す未来

連載の開始にあたって(2022年7月)

 東友会は来年(2023年)、結成65周年を迎えます。これを機に、本紙は「東友会の歴史を学ぶ 先人たちと目指す未来」の連載を開始します。
 出典は『首都の被爆者運動史 東友会25年のあゆみ』。東友会が初めて刊行した年史で、当時、東友会副会長だった伊東壯さんが執筆を担当しました。すでに絶版となり通常では入手できない本ですが、結成・草創期から死に至るときまで東友会を支えた伊東さんの記述は、被爆者運動の精神を端的に伝えるものです。先人の思いを今に引き継ぎ、ともに未来を目指すための一助になれば幸いです。
 原則的に、出典の文章を文体も含めてそのまま引用・掲載しますが、時代背景により現在では通用しない部分などは適宜、変更・補足します。

伊東壯(1929年-2000年)
広島被爆。東友会の事務局長、会長、日本被団協の代表委員などを歴任。経済学者で山梨大学学長も務めた。
  1. はじめに 被爆者運動の人類史的価値
  2. 東友会前史――東京での被爆者の集まり
  3. 東友会前史2――初の調査と地区の会結成
  4. 東友会前史3――組織化を支えたもの
  5. 東友会発足・草創1――東京都全体の組織として
  6. 東友会発足・草創2――組織の基礎固めに尽くす
  7. 東友会発足・草創3――被爆者運動の理論づくり
  8. 東友会発足・草創4――分裂の波と守るべき団結
  9. 東友会発足・草創5――東友会解散の危機
  10. 東友会再建へ1――臨場感ある事務局員の手紙
  11. 東友会再建へ2――市川女優座公演の成功
  12. 日本被団協の中核として1――被団協分裂の危機
  13. 日本被団協の中核として2――東友会が問責状
  14. 援護法制定の運動へ ―― 「つるパンフ」登場
  15. 援護法制定の運動へ ―― 東友会の底上げ
  16. 援護法制定の運動へ ―― 被団協の支柱として
  17. 援護法制定の運動へ ―― 東友会の法人化
  18. 援護法制定の運動へ ―― 要求骨子の策定
  19. 援護法制定の運動へ ―― 首都の被爆者として