被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

「東友」2022年1月号(447号)

新春6・9行動 日本政府は核兵器禁止条約に参加を
新宿駅西口で東友会の20人をはじめ80人が参加し、通行人に署名への協力を訴えました。
都議会で請願採択 被爆者の実情に見合った委託事業費を
東友会が自民、都民ファースト、公明、共産、立憲民主の各党議員の紹介を得て都議会に提出していたもの。
年頭にあたり慰霊碑へ献花 原爆犠牲者への想いを活動の力に
厚生労働省が原爆症認定審査に関する「新しい審査の方針」を2013年12月に最終改訂してから7年。
2022年を迎えて 一般社団法人東友会代表理事 家島昌志
2022年の年頭にあたって、家島昌志代表理事のメッセージです。
洋画家・長尾祥子さん(広島被爆)の絵 ロビーに展示
長尾祥子さんは11歳のとき入市被爆。そのとき目にした惨状を基礎に絵を描き続けてきました。
東京都福祉保健局と東友会の懇談 顔合わせ話し合う大切さかみしめ
都からは、東友会からの要望事項それぞれに丁寧な回答がありました。
コロナ禍に負けないでがんばる 2021年「地区の会」の活動から
被爆者の運動は、様ざまな努力を重ねながら続いています。2021年の地区の会の活動を紹介します。
日本被団協「全国被爆二世実態調査」から
全国被爆二世実態調査について、調査・分析の中心になった八木良広助教に解説していただきました。
被爆者年末お見舞い訪問 会って励まし合えてよかった
2020年に続きコロナ禍による制約のあるお見舞い訪問に。寄せられた報告のなかから一部を紹介します。
おりづるの子(東京被爆二世の会) 制限が続くなかでも工夫して
「集まれないなら会報を交流の場に」を合い言葉に、会員が書き手になるとりくみに力を入れました。
日本政府に核兵器禁止条約への参加を求める署名65万人分余を提出
岸田文雄総理に直接届けたいと内閣府に交渉しましたが、外務省で受け取ることに。
年末の慰霊碑清掃 12月は今回も事務局員が
葛飾区青戸平和公園にある原爆犠牲者慰霊碑の清掃は、寒い12月だけは事務局員が休日におこなってきました。
原爆症認定ケースbyケース(2021年11月16日から2022年1月10日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出した被爆者のうち7人が認定されました。
【連載】現場から見る東友会相談所の40年 8.東友会の被爆者援護法制定運動
東友会に勤めて40年になる相談員による、相談事業についての連載です。