被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

原爆犠牲者追悼のつどい 原爆惨害語り継ぐ決意あらたに
都知事も参列 二世・都民も企画に参加

 2019年7月28日、東京都主催「原爆犠牲者追悼のつどい」が葛飾区のテクノプラザかつしかで開催され130人が参加しました。このつどいは、東友会が東京都から委託を受けて企画・運営をしています。
 被爆者の高齢化がすすむなかで東友会は、今回からつどいの企画委員会と実行委員会を立ち上げ、このメンバーに「おりづるの子」(東京被爆二世の会)と、平和団体のメンバーに参加を依頼しました。
 「追悼のつどい」は、参加者全員の黙祷の後、小池百合子都知事は、「原爆の記憶を風化させることなく、確実に次世代に継承し、さらには国の違いを超えた人類共通の記憶としていくことが、私たちに課された重要な使命であります」と式辞を述べました。
 続いて、東友会の家島昌志代表理事が「政府に核兵器禁止条約を受け入れさせるとともに核兵器を完全禁止・廃絶させるために命ある限り訴え続ける」と力強く追悼のことばをのべ、広島・長崎両市長のメッセージが紹介された後、葛飾区の青木克德区長、東京都生活協同組合連合会の秋山純専務理事から、それぞれ被爆者とともに核兵器廃絶を求めるとの決意を込めた弔辞が捧げられました。
 参列者の献花は、原爆死没者の名前が読み上げられるなか、都知事を先頭におこなわれ、東京関係の衆参両院議員、都議会議員、自治体首長・議長と葛飾区議会議員、被爆者・二世、都民らの参列者が続きました。
 その後、東友会の山田玲子理事が、自身の被爆体験と被爆の証言活動に触れ、「亡くなった人たちが『平和の礎』と思える日が一日も早く来るよう活動している」と捧げる言葉を述べました。
 つどいの最後は、証言「語り継ぐ」。被爆二世であり東友会監事でもある内藤雅義弁護士が40年間、被爆者とともに歩んだ経験から、「原爆死をどうとらえるか」のテーマで映像を使って講演し、感動を呼びました。

会場正面のスクリーンには慰霊碑の写真が投影されている。その手前に祭壇がしつらえてある。参列者が並べられた椅子に着席している。
厳粛な雰囲気のなか各界の代表が慰霊の思いを捧げた「追悼のつどい」

原爆犠牲者慰霊碑への献花 炎天の下、80人が参列

東友会は、「追悼のつどい」に先立ち葛飾区立青戸平和公園に設置されている原爆犠牲者慰霊碑への献花をおこないました。
 炎天の下、慰霊碑の前に集まった80人が黙祷した後、家島代表理事が1967年に都民の寄付金で寺院の境内に建立した慰霊碑を葛飾区の協力で2012年に青戸平和公園に移設した経緯、翌年から「追悼のつどい」が東京都主催になった経過を報告。遺族代表として東友会の石飛公也業務執行理事と、都民代表として東京都生協連の秋山専務理事が献花をしました。
 慰霊碑と向かい合う噴水で水遊びをする子どもたちの姿を見ていた遺族が、「平和の象徴のような風景ですね。いい場所に慰霊碑を置いていただいてありがたいです」と話していました。

慰霊碑前に集まって立つ参加者
夏休みの子どもたちが遊ぶ公園内で平和をかみしめつつ

「追悼のつどい」「慰霊碑献水式」にご参列いただいた方がた(敬称略・順不同)

 2019年度の「追悼のつどい」と「慰霊碑献水式」には、国・都・区の議員、自治体関係者をはじめ、各界から多くの方々にご参列をたまわりました。紙幅の都合で、遺族・被爆者以外の来賓を掲載し、お礼に代えさせていただきます。(なお、主催者である東京都の関係者、実行委員会の要員としてご参加いただいた方がたは割愛させていただきました。)

初鹿明博(衆議院議員・立憲民主)、竹谷とし子(参議院議員・公明)、吉良よし子(参議院議員・共産)、米川大二郎(都議会議員・都民ファースト)、野上純子(都議会議員・公明)、舟坂ちかお(都議会議員・自民)、和泉なおみ(都議会議員・共産)、中村ひろし(都議会議員・国民民主)、山内れい子(都議会議員・生活者ネット)、市岡泰三(広島市東京事務所長)、光武恒人(長崎市東京事務所長)、青木克德(葛飾区長)、馬男木賢一(三鷹市副市長)、筒井たかひさ(葛飾区議会議長)、大島ひろし(昭島市議会議長)、澁谷桂司(清瀬市議会議長)、秋家聡明(葛飾区議会議員・自民)、安西俊一(葛飾区議会議員・自民)、くぼ洋子(葛飾区議会議員・公明)、黒柳じょうじ(葛飾区議会議員・公明)、うてな英明(葛飾区議会議員・区民連合)、川越誠一(葛飾区議会議員・区民連合)、米山真吾(葛飾区議会議員・区民連合)、三小田准一(葛飾区議会議員・共産)、うめだ信利(葛飾区議会議員・颯新かつしか)、清原慶子(前三鷹市長)、秋山純(東京都生活協同組合連合会)、谷茂岡正子(東京地域婦人団体連盟)、藤田静江(東京地域婦人団体連盟)、竹之内剛(東京都生活協同組合連合会)、大田敬子(東京都生活協同組合連合会)、佐藤奈穏美(生活協同組合パルシステム東京)、戸谷彩(生活協同組合パルシステム東京)、関有紀(東都生活協同組合)、石川貞夫(原爆忌東京俳句大会実行委員会)、田中千恵子(原爆忌東京俳句大会実行委員会)、長谷川邦夫(東京平和委員会)、岡田尚子(新日本婦人の会東京都本部)、渡辺吉司(東京非核政府の会)、金子恵美子(原水爆禁止東京協議会)、柴田桂馬(原水爆禁止東京協議会)、青木佳子(原水爆禁止東京協議会)、木村陽治(原水爆禁止葛飾協議会)、細谷正幸(原水爆禁止葛飾協議会)、井上昭(原水爆禁止葛飾協議会)、舘幸雄(原水爆禁止足立協議会)、八木良広(愛媛大学)、内藤雅義(弁護士)、向山新(医師)