被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

【訃報】長岡和幸さん、田丸正夫さん

前東友会副会長 長岡和幸さん

 2011年12月22日、心不全のため死去。享年77歳。11歳のとき長崎市鳴滝町の自宅、爆心地から3.3キロで被爆。数日後、叔父とともに爆心地付近の岡町に入り、知人を捜索しました。
 1986年から26年間、東友会常任理事・理事として活躍。2001年から会計監事、2003年から事務局次長、2005年から事務局長、2007年から23区東部ブロック代表、2009年から副会長を歴任。2011年に療養のため副会長を辞任した後も、東友会理事として活躍。2007年から2009年日本被団協東京選出代表理事。葛飾・葛友会でも事務局長として1980年代から死去されるまで、葛友会の中心になって活躍していました。
 1988年7月、大腸ガンの手術を受けた際に原爆症認定申請を提出しましたが、翌1989年11月に却下されました。
 当時の厚生大臣からとどいた却下通知に「申請に係る申請人の疾病は原爆放射能に起因する可能性は否定できる」とだけ記入されていたことが納得できなかったと、2003年からの原爆症認定集団訴訟に積極的に参加。東京の集団訴訟運動が高揚した2005年から2007年の2年間は事務局長として東京と全国の弁護団会議に欠かさず参加し、運動をリードしました。長岡氏が事務局長としてよびかけた2006年の第2次集団申請運動には、1年間で34地区から113人の被爆者が参加。集団訴訟の勝利と原爆症認定制度の改善への大きな力になりました。

長岡和幸さん

前東友会会計監事 田丸正夫さん

 2011年12月19日、心不全のため死去。享年80歳。広島被爆。2000年から東友会常任理事・理事。2003年から2007年まで会計監事。東久留米市の東久友の会でも会長として活躍。
 2000年から2003年は東友会で請願部に所属し、国・都の議員への要請行動、核実験抗議行動、在外被爆者の裁判を支援する座り込みなどに積極的に参加。暖かくおおらかな人柄が信頼を集めていました。

田丸正夫さん