被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

原爆症認定ケースbyケース

 「東友」5月号で紹介した後、東友会を通じて原爆症認定申請をした被爆者のうち9人が認定され1人が却下されましたので紹介します。(2012年5月18日から6月16日)
 東友会扱いで現在原爆症認定の審査結果を待っている人は27人、この人びとの申請期間は、2008年5月から2012年5月末まで。却下処分に対して9件の異議申立を被爆者と遺族が提出しています。(提訴者をのぞく)

 原爆症認定の審査では、申請する病気が「原爆放射能に起因する(起因性)」と認められた上に、その病気が「現に医療を擁する状態にある(要医療性)」という、ふたつの条件を満たしていることが求められています。この審査の「要医療性」に関して、新しい特徴がみられます。
 これまで一般的にガンは、手術や治療が終わった後、再発していない場合でも5年間は経過観察が必要なため「要医療性」が認められてきました。ところが皮膚ガンの前ガン状態ともいわれているボーエン病は手術直後に申請すれば認定されていますが、手術後1年を超えた申請が却下されています。

認定

申請病名性別被爆時年齢被爆状況申請年月ほか
転移性肝ガン女性17歳長崎1.0キロ直爆2009年11月申請、2010年5月死去。
膵臓ガン女性18歳長崎8月10日入市2011年4月申請、2011年9月死去。
胃ガン男性5歳長崎5.0キロ直爆、8月9日入市2011年9月申請。
上行結腸ガン男性20歳長崎3.0キロ直爆2011年9月申請、2011年12月死去。
肺ガン男性5歳長崎2.6キロ直爆2011年10月申請。
胃ガン・肝細胞ガン男性15歳広島2.5キロ直爆2011年10月申請。
胃ガン男性15歳広島1.8キロ直爆2011年10月申請。
白血病5歳長崎2.4キロ直爆2011年11月申請。
狭心症男性15歳広島1.0キロ直爆2011年11月申請。

却下

申請病名性別被爆時年齢被爆状況申請年月ほか
ボーエン病(皮膚ガン)男性14歳広島0.8キロ直爆2011年11月申請。