被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

『生命もてここに証す』2015年版を発行 3人の証言を収録

 「東京都原爆犠牲者追悼のつどい」にあわせて刊行されている『生命もてここに証す』の2015年版が、「つどい」の日の9月27日、刊行されました。
 B5判40ページの冊子で、表紙は広島の原爆ドームと長崎の平和像の写真。
 巻頭文は、一般社団法人東友会代表理事の大岩孝平氏。「原爆とたたかい続け」て昨年亡くなった先達3人を偲ぶことばは、同執行理事の山本英典氏が担当しました。
 先達3人は、元東友会副会長の安藤賢治氏。元東友会事務局次長で調友会会長の田邉俊三郎氏。元日本被団協国際部委員長で東友会の常任理事だった小西悟氏です。
 安藤氏は東友会創立当時から活動してきた人で、村田未知子主任相談員が人となりと業績を紹介。田邉氏は、証言と自作の絵を収録。小西氏は訪米時の報告と国際活動の写真を再録しています。
 この文集は、国の「原爆死没者慰霊事業」と東京都の被爆者健康指導事業の助成で刊行されました。希望者は東友会にご一報を。

『生命もてここに証す』2015年版表紙