被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

11月の6・9行動 被爆者が生きているうちに核廃絶を

 2022年11月9日、「被爆者連帯6・9行動」が新宿駅西口でおこなわれました。参加者は、東友会、日本原水協など7団体から26人。うち東友会からは12人が参加しました。署名は37人から寄せられました。
 街頭スピーチでは、東友会の石飛公也理事が広島で被爆した自身の経験を語り、「生きているうちに核兵器をなくしてほしい」と力を込め、「日本政府に核兵器禁止条約の署名・批准を求める署名」への協力を呼びかけました。
 署名をしてくれた人のなかには、「日本は唯一の戦争被爆国なのに、なぜ核兵器禁止条約に参加しないのかわからない」と話す人、「母親が原爆投下時のことを語っていた」と話してくれた長崎出身の人もいました。
 名乗らずに被爆者連帯募金に協力してくれる人もあり、署名者のうち数人が募金にも協力してくれました。

東友会のたすきを掛けた被爆者が街頭に立っている。うち2人が「われら生命もて ここに証す 原爆許すまじ」と書かれた東友会の旗の両端を持ち、体の前に広げている。「日本政府に核兵器禁止条約の署名・批准を求める署名」と書かれた紙を取り付けた署名版を持っている被爆者がその隣に立っている。
東友会の旗を掲げて
たすきをかけ、「日本政府に核兵器禁止条約の署名・批准を求める署名」と書かれた紙を取り付けた署名版を持っている被爆者が、通行人に呼びかけている。
署名板を持って呼びかけ