被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

東友会の冊子2つ 2022年度版を発行

被爆者援護法・都被爆者援護条例 25のポイント(通称「25のポイント」)
 「25のポイント」は、被爆者の制度・施策の基本点がまとめられ、制度の全体像を知るのに便利だと好評です。手当額などの細かい変更点をはじめ、毎年かわる最新情報をもとに編集されており、今回は29版になります。
 29版では、「黒い雨」訴訟の結果、新しく追加された内容を反映させ、従来からある特例受診者の制度と合わせて大幅に加筆しました。
 そのほか、日々の電話相談、地区の相談会などでよく寄せられる疑問や質問をふまえ、いくつかの項目を整理しました。25の項目数は変わりませんが、近年の関心事にかなうように改訂されています。
「25のポイント」 A4判16ページ。被爆者の制度全般を25のテーマでまとめた冊子。
介護保険制度と原爆被爆者(通称「介護保険と被爆者」)
 「介護保険と被爆者」は、「介護保険制度」の成立にともない発行され、「介護保険制度」と「被爆者の制度」の2つの関係に重点を置いて解説。被爆者の家族やケアマネジャーなどにも利用されています。今回は39版になりました。
 「介護保険制度」はしばしば改定があり、そのたびに「被爆者の制度」が使える範囲が変わります。介護に関する相談の内容も年ごとに傾向が変わっています。これらをふまえ、39版では新たに介護施設への入所に関する項目を追加。従来からある項目も実情に合わせて整理しました。
「介護保険と被爆者」 A4判8ページ。 介護問題に絞って基本点をまとめた冊子。

 どちらも無料です。興味のある方は東友会にご連絡ください。当ウェブサイト掲載のPDF版もご活用ください。
 なお、「25のポイント」PDF版はアプリケーションによる読み上げに対応していません。「介護保険と被爆者」PDF版もアクセシビリティ対応は十分ではありません。
 2つのパンフレットの内容は別途ウェブページにも整理してあります。ウェブページはアクセシビリティにもできるだけ配慮したつくりです。下記リンクから「被爆者援護の制度解説」ページをご覧ください。