被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

原爆症の認定申請とその現状 東友会の対応事例から

厚労省からの照会増加による審査の遅れ 若年被爆者の申請にあたっての困難増など

 東友会はこれまで、東京都に出される原爆症認定申請の8割以上に対応してきました。原爆症と認定されると月額14万円余の医療特別手当が受けられます。
 被爆者手帳の申請や諸手当の審査などはすべて広島・長崎両市か都道府県が担当していますが、原爆症認定だけは厚生労働省が審査して認定か却下かを決めています。2003年から19年間続く2つの原爆症認定集団訴訟の結果、認定基準は「新しい審査の方針」の名称になって公開され、3回の改訂がありました。しかし、依然として審査基準は厳しく、原爆症と認定され医療特別手当を受けている被爆者は全体の5%程度にとどまったままです。
 東友会が対応した事例で2021年度(2021年4月から2022年3月末)に審査結果が届いたのは23件(ページ末尾に一覧表を掲載)。これは2017年度の50%で5年間で最低でしたが、全員が「審査の方針」の基準内にあり認定されました。しかし厚労省から何度も照会があって審査が遅れ、2件は申請者が亡くなってから通知が届きました。
 東友会は2021年度に26件の申請を援助しましたが、この件数も2017年度の54%で、5年間で最低。近年は被爆当時幼少だった申請者が多く、2021年度は10歳未満が19人で83%にのぼりました。
 相談者のなかには、被爆直後の混乱のため、実際の被爆状況と違う内容で手帳の交付を受けているケースがみられます。家族や親族が他界し本人は幼少だったため、被爆状況を修正できずに申請をあきらめる人が増えています。
 やはり、手帳所持者全員に健康管理手当を支給し病状によって加算するとした日本被団協の「提言」(2013年12月)の早期実現が求められます。

2021年度(2021年4月から2022年3月)に届いた23件の原爆症認定の審査結果一覧
(東友会まとめ)
認定申請病名 性別 被爆時年齢 被爆地 被爆条件 認定申請日 認定日 死没年月日
直腸がん・転移性肝がん 5歳 広島 直爆2.5キロ 2021年3月25日 2021年6月2日
膵頭部がん 3カ月 長崎 直爆2.7キロ 2020年5月25日 2021年7月9日
乳がん 2歳 長崎 直爆3.6キロ 2021年3月6日 2021年7月9日
胆嚢がん 1歳 広島 入市8月7日 2021年2月15日 2021年9月1日
S状結腸がん 1歳 長崎 入市8月9日 2021年4月26日 2021年9月27日
膀胱がん 13歳 広島 入市8月7日 2021年6月7日 2021年11月5日
悪性リンパ腫 4歳 長崎 直爆3.2キロ 2021年7月30日 2021年11月5日
前立腺がん 8歳 広島 直爆2.0キロ 2021年4月30日 2021年11月5日(死没後) 2021年9月11日
放射線白内障 1歳 広島 直爆1.1キロ 2021年4月26日 2021年12月27日
胃がん 11歳 長崎 直爆2.5キロ 2021年8月25日 2021年12月27日
胃がん 2歳 長崎 直爆1.0キロ 2021年5月31日 2021年12月27日
食道がん・転移性肝がん 胎内 広島 入市8月9日 2020年11月30日 2021年12月27日
前立腺がん 8カ月 広島 入市8月6日 2021年7月14日 2021年12月27日
下咽頭がん 9歳 広島 直爆1.0キロ 2021年8月25日 2021年12月27日
肺がん 9歳 長崎 直爆2.8キロ 2021年4月26日 2021年12月27日(死没後) 2021年11月17日
胃がん 3歳 広島 直爆1.0キロ 2021年9月29日 2022年2月1日
皮膚がん 3歳 広島 直爆2.0キロ 2021年2月21日 2022年2月1日
舌がん 24歳 広島 入市8月10日 2021年9月29日 2022年2月1日
食道がん 11歳 広島 直爆1.4キロ 2019年10月28日 2022年2月1日
甲状腺機能低下症 1歳 長崎 直爆2.0キロ 2021年9月29日 2022年3月2日
前立腺がん 2歳 広島 入市8月9日 2021年10月25日 2022年3月2日
下咽頭がん 7カ月 広島 直爆1.5キロ 2021年10月29日 2022年3月2日
悪性リンパ腫 6歳 広島 直爆3.5キロ 2021年11月29日 2022年3月23日