被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」
核兵器廃絶へ大々的に宣伝・署名 国会議員も4人参加

 2019年9月26日、東友会は国連が定めた核兵器の全面的廃絶のための国際デーの街頭演説会と署名行動を新宿駅西口でおこない、被爆者26人をはじめ70人が参加し、166人分のヒバクシャ国際署名と1万円を超える募金が寄せられました。この行動は初めて東友会と東京原水協が共催し、日本原水協が後援したもの。2013年9月26日に国連本部で初めて核軍縮に関するハイレベル会議が開かれたことを記念して、翌2014年から国連が毎年呼びかけている国際的な行動日です。
 宣伝車の上からは、東友会の家島昌志代表理事、大岩孝平理事が広島での被爆体験から核兵器廃絶を願う被爆者の思いを語り、4人の国会議員がマイクを握りました。
 国会議員として最初にマイクを握ったのは、被爆二世の井上哲士参議院議員(共産)。つづいて、東友会の依頼には欠かさず参加している初鹿明博衆議院議員(立憲民主)、山添拓参議院議員(共産)も。「おりづるの子」(東京被爆二世の会)の会員でもある塩村あやか参議院議員(立憲民主)も駆けつけ、それぞれが通行人に核兵器廃絶をめぐる国際情勢を知らせながら、核兵器禁止条約に背を向ける政府の姿勢を批判し、ヒバクシャ国際署名への協力を訴えました。
 彼岸が過ぎたとは思えない強い日差しが照りつけた日でしたが、被爆者は青いタスキをかけて、原水協の人びとともに、通行人にボールペンを差し出し、熱心に署名への協力を呼びかけました。

たすきを掛け、署名板を持って呼びかける被爆者、横断幕を持って訴える被爆者たち。
被爆者が先頭に立って
左から井上、初鹿、山添の各議員
塩村議員