被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

2020年3月末の全国被爆者データ
東京は4691人 前年度から230人減

 厚生労働省が2020年3月末現在の被爆者に関するデータを公表しました。全国の被爆者手帳所持者は最高時の1981年3月末から40年間で37%に減り、平均年齢は83.31歳(東京は82.7歳 東京都調べ)になりました。
 諸手当の受給率は、医療特別手当が全国5.1%(東京6.5%)、健康管理手当は全国が83.6%(東京74.4%)となっています。
 東京の健康管理手当受給が全国より1割程度低い状況は数十年続いていますが、東友会が受けた相談では、手当そのものを知らなかった被爆者もあることから、いっそうの啓蒙が必要となっています。

都道府県別の一覧は厚生労働省ウェブサイト内のページをごらんください。