被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

原爆症認定制度の抜本改定へ 与党プロジェクト初会合

 自民・公明両党による「与党原爆被爆者対策に関するプロジェクトチーム」の第1回会合が2007年10月24日、国会内で開かれました。
 自民党から河村建夫(座長)、赤沢亮正(事務局長)早川忠孝各衆院議員ら。公明党から江田康幸衆院議員ら。厚生労働省から健康局の局長、課長、参事官らが出席しました。被爆者からは、日本被団協の藤平(とうへい)(のり)代表委員、田中熙巳事務局長、原告団の山本英典東京原告団長、東友会の飯田マリ子会長らが参加しました。
 この日は、齋藤紀・広島福島病院院長を招いてのヒアリング。どのような疾病が原爆症に該当するかがテーマでした。齋藤医師は、臨床の経験と放射線影響研究所の研究などをもとに、被爆者にはガン罹患が多い、非ガンでも甲状腺障害、心筋梗塞などに影響が出ていることなどをあげ、疾病を政令で原爆症と認めることの正当性を説明しました。議員からも活発な質問、意見が飛び交いました。

長方形に並べられた机に着席し議論する議員らと、傍聴席に座る被爆者たち。
開かれた与党プロジェクトと傍聴する被爆者たち