被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

原爆症認定 ケースbyケース

 「東友」9月号で紹介した後、東友会を通じて原爆症認定申請を提出した被爆者のうち4人が認定され、1人が却下されましたので紹介します。申請病名と認定病名が違う場合は認定病名を、厚生労働省から照会があった場合はその内容を追記します。(2022年9月17日から10月15日)

認定

申請病名性別被爆時年齢被爆状況申請年月ほか
胃がん・肺がん男性1歳長崎8月10日入市2022年3月申請、照会2回:(1)腫瘍細胞検査の結果・輸血記録・緩和療法のみとした際のカルテの写し・直近の病状、(2)前回の緩和療法とした際のカルテの写しが確認できず・転院先への診療情報提供書の写し。
下咽頭後部がん男性 0歳広島1.7キロ直爆2022年5月申請、照会なし。
両眼白内障(認定病名・両白内障)女性3歳広島1.5キロ直爆2022年5月申請、照会1回:手術後また前の光干渉断層計所見、手術予定日や手術実施日が明確に分かる資料。
膀胱がん男性5歳広島2.6キロ直爆2022年5月申請、照会1回:2022年4月と2016年8月の内視鏡的手術記録。

却下

申請病名性別被爆時年齢被爆状況申請年月ほか
骨髄異形成症候群
却下理由:資料不足
女性18歳長崎2.9キロ直爆2022年6月申請、照会2回:(1)現病歴がわかる資料、診断根拠がわかる資料(骨髄穿刺の結果など)、治療方針決定時のカルテの記録、輸血実施記録、ステロイド投与の薬剤名、処方日、用法・用量が確認できる資料、(2)プリモボランの処方内容。