被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時


あずま数男かずお原爆裁判 完全勝訴
原爆被害の「凄惨」さ「苛酷」さが判決に

放射線がC型肝炎を促進 東京地裁「残留放射能」も認める

 あずま数男さんにかかわる原爆裁判で、東京地方裁判所は2004年3月31日、あずまさん全面勝訴の判決を言い渡しました。判決当日、法廷内外に150人がつめかけ、勝利を祝いました。判決について弁護団の池田眞規団長は、「点数を付ければ95点」と、高く評価していました。
 東京・町田市に住む長崎原爆の被爆者あずまさん(75歳)が、肝機能障害(C型肝炎)で原爆症認定を求めた申請を、厚生労働省が却下。この裁判は、その取り消しを求めて、1999年6月からつづいてきた裁判です。
 判決は、原爆被害について、「他に例を見ない凄惨なもので、多くの被爆者は莫大な量の放射線を全身に被曝したことに加え、残留放射能に被曝し、後障害の不安を抱き続け」ていると、原爆被害の「特異かつ苛酷」な特徴をのべています。また、放射線についての「科学的知見や経験則は、いまだ限られたものにとどまっている」とし、「現時点」で「全体的、総合的に判断」すれば、「多大な放射線被曝がウイルス感染とともに慢性肝炎を発症、進行させる起因となっている」と判断しています。

「完全勝訴」の文字を掲げる弁護士と、横断幕を前に「厚生労働省は控訴するな」と書かれた紙を持っている被爆者・支援者ら。
完全勝訴の判決に大喜びの被爆者と支援者たち

あずま数男かずおさんの談話 「身体ボロボロ、控訴しないで」

 判決の日の3月31日、あずま数男かずおさんは朝子夫人の押す車いすで出廷、判決後次のように語りました。「勝てて当然です。だけど、申請から判決までの10年は長かった。この間に肺ガンになり、私の身体はもうボロボロです。坂口厚生労働大臣は絶対に控訴しないでください。」
 厚生労働省が控訴をした4月12日夕、電話での連絡を受けて、あずまさんは次のように語りました。「残念です。坂口大臣は(控訴)しないと思っていたんですが、期待が裏切られました。身体がついて行かないし、いつまで生きていられるか分からない。一日も早く決着つけてほしい。」