被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時


原爆症認定集団訴訟 東京第3次訴訟 認定の範囲広げる勝訴判決

「新しい審査の方針」でも非認定の12人が勝訴

 2011年7月5日、原爆症認定集団訴訟の東京第3次訴訟の原告24人に対する判決が東京地裁で言い渡され、16人のうち12人が勝訴しました。
 今回勝訴した12人はすべて、国が被爆線量が少ないこと、放射線との因果関係が認められない疾患であるなどの理由をつけて、「新しい審査の方針」でも認定しなかった人びと。指定病名にされていない甲状腺機能亢進症は広島4キロ、脳梗塞では直接被爆は3.5キロまで、入市被爆は3日後まで広げ、現在はまったく認定されていない入市被爆者のC型肝炎、さらに、はじめて2.3キロ被爆の大動脈瘤も認定。これまでの集団訴訟判決をさらに広げる内容になりました。
 しかし、4人の原告については被爆の程度や喫煙歴を理由に敗訴になりました。

原爆症認定東京第3次集団訴訟の原告
氏名のあとに(死亡)とあるのはすでに死亡した原告
結果 原告名 性別 認定申請病名 被爆状況
勝訴 山崎恵美子 肝機能障害(C型) 広島入市 8月8日
石田順子 狭心症 広島直爆2.0キロメートル
濱本和子 脳梗塞 広島入市 8月9日
頼金昭子(死亡) 肺ガン 広島入市 8月10日
田村正夫 胸部大動脈瘤 長崎直爆2.3キロメートル
栗原澄子 陳旧性心筋梗塞 長崎直爆2.4キロメートル
高島能仁(死亡) 陳旧性心筋梗塞 広島直爆2.0キロメートル
神戸美和子 甲状腺機能亢進症 広島直爆4.0キロメートル
宮田知都子(死亡) 脳梗塞 広島直爆2.2キロメートル
小林ツキ 脳梗塞 長崎直爆2.4キロメートル
畑谷由江 脳梗塞後遺症 広島直爆1.5キロメートル
塩田喜久雄 脳梗塞 長崎直爆3.5キロメートル
敗訴 森繁喜(死亡) 脳梗塞 長崎直爆3.0キロメートル海上
中山鈴子 急性心筋梗塞 長崎直爆4.1キロメートル
井上浄 前立腺ガン 広島入市 8月20日
佐々木正己 悪性リンパ腫 長崎入市 8月18日 救援8月15日から
棄却(提訴後認定) 高橋一(死亡) 肺ガン 広島直爆2.0キロメートル
豊田嘉幸(死亡) 心筋梗塞 長崎直爆1.3キロメートル
山本知子(死亡) 転移性脳腫瘍・肺ガン 広島入市 8月6日
頼金一司 前立腺ガン 広島入市 8月7日
吉富靜江 胃ガン 長崎直爆2.8キロメートル
水野惠太 肺ガン 広島直爆2.3キロメートル
山口幸七(死亡) 非ホジキン悪性リンパ腫 広島入市 8月7日
壹岐弘(死亡) 慢性骨髄単球性白血病 広島入市 8月7日

被爆者の思いをもっと伝えなければ

 この日、主婦会館で東友会が主催した報告集会には、3人の原告と原告の家族3人が参加。裁判の遅れから判決を聞けなかった妻の遺影を抱いて参加した宮田裕之さんは、「多くの被爆者、支援のみなさんのご活躍とご支援に勇気と希望をいただいた」と心情を吐露しました。
 これまで第1次訴訟の時期から「原告の顔」の一人といわれるほど活動をつづけてきた畑谷由江さんは「被爆の苦しみはこれで終わったわけではない。被爆者の思いをもっともっと訴えなければと決意している」と語りました。
これで、2003年5月から東友会が弁護団や医師団、支援者とともにすすめてきた東京での集団訴訟は8年の歳月をへて終結し、82人の原告のうち9割が認定されましたが、この間3分の2にあたる55人が死去しました。

たすきをかけたり、遺影を抱え持つ原告たちと、支援の人たち。多くの人が両手を高く挙げて喜びを表している。「勝訴」「今こそ解決を!」と書かれた紙を掲げる人も。
勝訴判決に喜びを表す原告・支援者のみなさん
並べられた机に着席する原告や弁護士たち。その後ろの壁に、「東京地裁判決報告集会」などの横幕、「勝訴」の文字などが掲げられている。
判決後の報告集会