被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時


原爆症認定制度改正めざす院内集会 被爆者と国会議員が一堂に

制度の現状を克明に意見交換

 「原爆症認定制度の抜本改正をめざす院内集会」が2011年2月10日、参議院議員会館会議室でおこなわれ、被爆者ら65人が参加しました。
 集会には、民主、自民、公明、共産、社民の5党から8人の国会議員が参席。被爆者側からの要請を受け激励のあいさつをしました。
 集会では、日本被団協の田中煕巳事務局長が「2010年度の原爆症の審査を見ると、認定1276件に対し却下は4628件。その内容は、ガンでも3.6キロを却下、非ガン疾病は2キロを超えると認定ゼロだ」と指摘。機械的で冷酷な国の審査実態を明らかにし、根本的な改善を求めました。各地の被爆者からも、不当な却下事例が紹介されました。
 議員側からは、被爆の実態に沿った認定審査になるよう、現行制度の改善、法改正に努力するなどの回答がありました。

会場前方で立って話している人が一人いる。他の参加者は、並べられた机に着席し、資料に目を落とすなどしながら聞いている。
意見を交換する被爆者と議員