被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時


「肝機能障害は原爆の影響なし」厚労省医療分科会が結論

 厚生労働省の被爆者医療分科会は2006年12月18日、戸田剛太郎医師らの研究班による報告書を全面的に採用し、「B型肝炎、C型肝炎ともに原爆放射線との因果関係は科学的に否定される」との結論を確認しました。
 あずま裁判の国側証人として戸田医師が述べた「致死量を超える放射線を浴びても肝臓は影響を受けない」との主張は、判決で退けられていました。
 この分科会を、横川嘉範会長をはじめ東友会から8人、あずま裁判の原告・故あずま数男かずおさんの妻・朝子さん、弁護士らが傍聴。記者会見で朝子さんは、「夫が苦しみながら起こした裁判が生かされなかった。悲しい」と発言。日本被団協の藤平とうへいのり代表委員は、「はじめから『結論ありき』だった」と批判し、肝機能障害を原爆症と認定するよう要求しました。

長方形に並べられた机に着席し議論する分科会。
公開された医療分科会