被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

被爆者健康手帳

直接被爆した人、後から中心地に入った人、市外で救援した人も

被爆者健康手帳

 法律上「被爆者」と呼ばれ、定められた「被爆者の制度」を利用できるのは、被爆者健康手帳(通称:被爆者手帳)を受けている人です。
 被爆者健康手帳は現在も申請できます。手帳が受けられる条件は、以下にまとめたとおりです。
 被爆者健康手帳を申請するには、必ず2人以上の「証人」が必要だと思っている人がいますが、本人が詳しく当時の状況を書いたり、在学証明や軍歴、在職などの証明をつけることなどで手帳が交付される場合もあります。
 とくに被爆状況は、原爆症認定申請に際して重要になりますので、すでに被爆者健康手帳を持っている人も、ご自身の手帳を確認しておいてください。

被爆者健康手帳が受けられる条件

区分 説明 条件
広島 長崎
1号 (直接被爆)
原爆投下のとき広島・長崎の特定地域(右項)にいた人
  • 当時の広島市内全域
  • 安佐郡祇園町
  • 安芸郡戸坂村のうち狐爪木
  • 安芸郡中山村のうち中、落久保、北平原、西平原、寄田
  • 安芸郡府中町のうち茂陰北
  • 当時の長崎市内全域
  • 西彼杵郡福田村のうち大浦郷、小浦郷、本村郷、小江郷、小江原郷
  • 西彼杵郡長与村のうち高田郷、吉音無郷
2号 (入市被爆)
原爆投下から2週間以内に、爆心地から2キロメートル以内に入った人
投下後から1945(昭和20)年8月20日まで
爆心地から2キロメートルのめやす: 広島駅、神田橋、県立工業、市立商業など
投下後から1945(昭和20)年8月23日まで
爆心地から2キロメートルのめやす:金比羅山、西坂国民学校、稲佐国民学校など
3号 1号、2号以外に原爆放射線を身体に受ける状況にあった人 近隣の地域で救援や治療・看護にあたった人
黒い雨地域の地域で被爆した人(第一種特例受診者)のうち、健康管理手当が受けられる病気にかかった人
4号 (胎内被爆)
1号から3号に該当する人(母親)の胎内にいて、右項の日付までに生まれた人
原爆投下後から1946(昭和21)年5月31日まで 原爆投下後から1946(昭和21)年6月3日まで

申請される方は東友会相談所までご相談ください。
電話:03-5842-5655
ファックス:03-5842-5653
メールでの相談は専用のページから