被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時


原爆症認定集団訴訟の原告、福地義直さんが死去

 集団訴訟の原告・福地義直さんが、肝臓ガンの進行による食道静脈瘤破裂のため2005年12月11日に逝去しました。享年74歳でした。
 福地さんは、14歳のとき広島市国泰寺町0.8キロで直接被爆。2001年3月、同じC型肝炎で苦しむ故・あずま数男かずおさんの裁判を支援するため認定申請。2003年5月に集団訴訟に参加。2004年8月に肝臓ガンが発見された後も、裁判傍聴や厚生労働省への要請などに積極的に参加。自宅に私設の原爆展会場をつくり、被害の実相を伝えていました。
 これで、東京地裁の原告30人のうち8人が逝去されました。

福地義直さん