相談電話のこえ

2019年「東友」3月号から

私ももうじき90歳、被爆者を優先して受け入れてくれる施設はありますか

 89歳、女性。広島被爆。施設入所についての相談。

 広島にいる友人が施設に入ったという話を聞きました。自分も施設に入れればと思っています。
 私は、10年以上前に広島から東京に来ました。
 最近、広島に住んでいる友人から連絡があり、「施設に入ったの。あなたも早く申し込んだ方がいいわよ」と言われました。
 私ももうじき90歳、まだなんとか身の回りのことは自分でできます。それでもだんだん弱って来ていると感じます。これからのことが不安です。介護保険はまだ使っていません。
 二世帯住宅で息子夫婦が住んでいます。買い物などはしてくれますし、動けなくなったら面倒見るからと言ってくれています。でも、ふたりとも働いていますし、私は息子たちに迷惑をかけたくないと思っています。
 東京には被爆者を優先して受け入れてくれる施設はありますか。施設がないなら、他に使える制度はありませんか。
 自分でできるうちに、手続きなどしておきたいと思い、電話しました。

「相談電話のこえ」から 記事一覧にもどる

2019年「東友」1月号から

負担を増やさず必要な介護サービスを利用していただく方法は…

 83歳、女性。広島入市被爆。介護の体制についてケアマネージャーからの相談。

 私が担当している被爆者の方のことです。ご本人の状態が重くなり、介護サービスを増やす必要が出てきました。ご家族から相談がありましたので、被爆者の制度について確認をさせていただきたくお電話しました。
 これまでは同居のご家族だけで介護し、被爆者の制度である「家族介護手当」を受けていたそうです。
 今回、ケアプランを作成するにあたり、デイサービス、ショートステイ、訪問介護を入れたいと考えています。そのことをご家族に話しましたら、「家族介護手当を受けているので、介護保険のサービスは受けられないのでは」と言われました。ヘルパーが入ると、非課税世帯ではないのでその利用料が発生するとのことです。
 経済面やご家族の労力の点で可能な限り負担を増やさず、この方に必要な介護サービスを利用していただくために、被爆者の制度でフォローしていただける方法はあるでしょうか。

「相談電話のこえ」から 記事一覧にもどる