被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

「東友」2021年1月号(435号)

原爆犠牲者慰霊碑へ献花・報告 核兵器禁止条約の発効を目前に
東京都原爆被害者協議会の役員が慰霊碑に「核兵器禁止条約」発効について報告し、献花。
国際署名の最終集計1370万超 日本政府に条約参加求める新署名スタート
「核兵器禁止条約」の成立と発効を導いたヒバクシャ国際署名。国連に報告した数は1370万2345に。
原爆症認定の傾向――7年間310件の事例から
厚生労働省が原爆症認定審査に関する「新しい審査の方針」を2013年12月に最終改訂してから7年。
2021年を迎えて
2021年の年頭にあたって、家島昌志代表理事のメッセージです。
【寄稿】核兵器禁止条約の発効にあたって 弁護士 内藤雅義
「核兵器禁止条約」が発効。意義と今後の運動について、内藤雅義弁護士に寄稿していただきました。
核兵器禁止条約の発効にあたって 「わたしのメッセージ」
「東友」2020年11月号での呼びかけに、220件を超えるメッセージが。いくつかを紹介します。
厚労省の2021年度概算要求 介護保険の助成対象を追加
認知症グループホーム入所者の介護保険の自己負担分を新しい助成対象にする内容。
被爆者年末お見舞い訪問
2020年は新型コロナウイルスの影響で大きな制約のなか行われました。報告のなかから一部を紹介します。
東京被爆二世の会 長引く新型コロナ禍のなか今後の活動を模索して
おりづるの子(東京被爆二世の会)は「会員のつどい」をオンライン並行開催で成功させました。
ノーモア・ヒバクシャ訴訟 福岡・大阪両高裁で敗訴
3人全員が敗訴。納得できない2人が最高裁に上告しました。
【訃報】 葛友会前事務局長 福瀬芳子さん
協議会理事、葛飾・葛友会事務局長を務めました。裁判傍聴、国会要請などにも積極的に参加。
「母の遺志です」 在米二世から100万円寄付
髙多常子さんが東友会の相談員にたいへん感謝をしていたと、ご遺族が届けてくださいました。
原爆症認定ケースbyケース(2020年12月15日から2021年1月14日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出した被爆者のうち11人が認定され、1人が却下されました。
【連載】お部屋で手軽にストレッチ運動 第7回 股関節のストレッチ
高齢者も無理なくできる運動を紹介する連載です。