東友会結成60年事業
60年のあゆみを新たな出発点にできるよう
次世代へつなげる周年事業を目指して

 東友会の結成60周年にあたる11月16日がいよいよ1カ月半後に迫ってきました。
 結成60周年を期して、東友会はいま二つの事業をすすめています。

記念講演・式典・祝賀会

 ひとつは、記念講演会と式典・祝賀会です。
 この集会は2018年11月18日(日)午前11時から午後3時まで、大手町のKKRホテル東京で開きます。
 記念講演会は、明治大学講師の山田寿則さんに、「核兵器廃絶をめぐる国際情勢」をテーマに講演をお願いすることにしています。
 テーマをきっちりと絞り込んで、わかりやすい語り口ですすめられる講演に定評がある山田氏から、2017年7月7日に国連で核兵器禁止条約が採択され、各国の批准がすすめられていること、電撃的な米朝会談と朝鮮半島の非核化など、最新の国際情勢を学び、「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」をさらに広げる糧にできると期待されています。
 つづく記念式典では、東友会の60年の活動をスライドで紹介し、支援をつづける7団体と協議会理事として10年以上東友会を支えてきた被爆者26人。事務局で新聞編集とコンピュータのデータ協力者2人に感謝状を贈呈する予定です。
 祝賀会は、やさしいギターの音色と明るい歌声が評判な松林潤子さんのミニコンサートで開会します。松林さんは30年前から東都生協組合員として被爆者を励ましつづけてきた方。その後、参加者からのあいさつや交流を予定しています。
 祝賀会は、食事をともなう集会なので、東友会は飲食費の1人7000円を会費としてお願いして、独立採算ですすめたいと考えています。

記念出版

 ふたつ目は、60周年記念誌の出版です。書籍のタイトルは『生命もてここに証す 東友会60年のあゆみ』。A5版300ページの予定です。
 第1部は、東友会が毎年の原爆犠牲者追悼のつどいで刊行してきた『生命もてここに証す』に紹介された人のなかから、東友会の活動を支えた36人の故人の記録を再録する予定です。
 第2部は、仮タイトル「写真で見る東友会の60年」。結成50周年と55周年にスライドを使って紹介してきた東友会の歴史を元に、60年分の歴史を写真を使って紹介します。
 このための写真選びは大変な作業になりました。45年間の紙焼き写真とその後のデジタルカメラのデータのなかから役員と事務局が3人がかりで写真を選び出す作業が4月から半年間続きました。
 「なるべく、たくさんの人の写真を使いたいね」と話して作業が進みました。
 第3部は、東友会の活動日誌です。核兵器と被爆者を巡る内外の動きと並列した年表を作成しました。
 この「60年記念誌」は、式典・祝賀会の参加者と東友会結成60周年・相談事業募金の協力者に配付する予定です。この出版事業には、ノーモア訴訟東京原告団から、出版費用の半額を超える高額の寄付も寄せられました。

署名板を持ち署名をよびかける、たすきを掛けた被爆者たち
東友会の結成50周年祝賀会の様子
署名板を持ち署名をよびかける、たすきを掛けた被爆者たち
東友会の結成55周年祝賀会の様子
署名板を持ち署名をよびかける、たすきを掛けた被爆者たち
東友会の結成55周年祝賀会の様子