被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

「東友」2018年8月号(406号)

原爆犠牲者追悼のつどい 慰霊碑献水式 都知事が初めて参列
慰霊碑を移設した年から毎年、「つどい」には都議会議長が参列していましたが、主催者である都知事の参加はありませんでした。
予算要望ヒアリング 都議会公明党
都議会各会派による、東京都2019年度予算要望ヒアリングが始まりました。都議会公明党に要請しました。
ノーモア・ヒバクシャ東京第2次訴訟結審 「被害は狭く軽いという主張許せない」
結審の最終弁論は、満席の傍聴者の支えを受けて、東京弁護団の内藤雅義団長と原告の山本さんが意見陳述。
原爆被害と人間の記録を守る 追悼祈念館
国が広島・長崎両市に開設した国立「原爆被爆者追悼平和祈念館」を紹介します。
被爆73年目の広島・長崎 東友会代表が両市で活動
両市で原爆犠牲者の追悼事業。「東京の木」への献水と平和祈念式典の参列、死没者名簿の照合を依頼。
都内各地で追悼・慰霊行事 被爆者の願い地域に根付いて
葛飾区は被爆者の地区の会とともに非核平和祈念のつどいを開催。江戸川区では原爆犠牲者追悼式が開催されました。
「生命もてここに証す」 追悼事業の歴史まとめる
今回の特集は、「東友会の追悼事業―その歴史と理念―」です。
全国・全世界の視野で核廃絶を考えた 原水爆禁止世界大会
原水爆禁止2018年世界大会に東友会代表として参加した、湊武さんのレポートです。
ノーモア・ヒバクシャ訴訟弁護団が合宿 「要医療性」の案件を重点に
全国弁護団と支援団体が全国会議。原爆症認定の条件「要医療性」の問題など検討。翌日、東京弁護団などは広島市原爆資料館など訪問。
「核廃絶」の願いは共通 スコットランドで被爆証言
スコットランド核軍縮キャンペーンからの要請を受けピースセミナーで被爆証言をおこなった、家島昌志さんによるレポートです。
原爆症認定ケースbyケース(2018年7月16日から8月15日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出していた被爆者のうち1人が認定されましたので紹介します。
【連載】役員の紹介「東友会とともに」 中川夏代さん
被爆時幼児だった「若手」被爆者の役員や、非被爆者の役員を順次紹介する連載です。€€