2017年11月の6・9行動 東京都段階でも毎月行動 目立つ被爆者の奮闘

 2017年11月6日、核兵器廃絶を求める6・9行動が新宿駅東口アルタ前でおこなわれ、東友会からは4人の被爆者と事務局員が参加しました。
 暑さを感じるほどの秋晴れの下、家島昌志執行理事がマイクを握り、被爆者が世界へ訴えている核兵器廃絶国際署名への賛同を呼びかけました。
 原水協などの平和団体、婦人団体、被爆二世など全体で20人が参加。1時間で46人分の署名が寄せられました。そのうち被爆者が20人分を集めており、気概を示しました。

「東友会」のたすきを掛けてた被爆者と、一緒に行動した参加者が笑顔で並んだ写真。一人の被爆者は「核兵器禁止」と大きく書かれた鮮やかなポスターを持っている
署名行動に参加したみなさん