岩波書店労組から寄金 引き継がれる被爆者支援

 半世紀を超えて被爆者支援のバザーを開いたり、労組内で募金を集めている岩波書店労働組合から、2017年も10月6日に被爆者運動への募金と被爆者支援募金13万円余が届けられました。来訪したのは同労組の大山美佐子さん、奈倉龍祐さん、松原あやかさんの若い世代の顔ぶれでした。
 労組の代表は、東友会の大岩孝平代表理事・村田未知子執行理事・湊武理事と懇談。被爆者が高齢となるなか、被爆時の実相と放射線の後障害の実態を残す重要性を、改めて共感しあいました。

東友会被爆者相談所の入り口ドアの前で並ぶ岩波書店労組のみなさんと大岩孝平代表理事・湊武理事
岩波書店労組のみなさんと