被爆者運動の過去・現在・未来を学ぶ 協議会の新役員を中心に学習会

 2017年8月28日、東京都原爆被害者協議会の役員学習会が開かれ、19人が参加。うち11人は70歳代でした。
 午前中のテーマは、「被爆者運動と東友会の歴史」。村田未知子事務局主任が東友会結成55周年で上映されたスライドを上映し、相談事業についても説明しました。
 午後は「東友会の多彩な活動」のテーマでヒバクシャ国際署名について濱住治郎常任理事が、ノーモア・ヒバクシャ訴訟について家島昌志副会長が講演。最後のテーマは、「被爆者運動の未来と東友会の方針」のテーマで、15区市の地区の会の活動が次々に報告され、大岩孝平会長が、今後の協議会と法人の組織と方針について講演しました。
 新しく役員になった70歳代を中心にした6時間に及んだ学習会でしたが、参加者からは、「『学んで行動し、行動して学ぶ』というスローガンが実感できた」「役員を受けたからには、しっかり学び行動しなければと痛感した」という声が寄せられました。

スクリーンのある広い会議室、東友会の代表が一人立って、都の参加者の方を向いて発言している。その他の参加者は着席している。テレビカメラとマイクが会場に入っている。
率直に意見交換した懇談会