2018年度東京都予算要望ヒアリング始まる 公明党から

 2018年度予算に関する都議会各会派によるヒアリングが、2017年7月27日の都議会公明党から始まりました。
 東友会から大岩孝平代表理事など9人が参加し、東京都委託事業費、被爆者と被爆二世の健康診断や諸制度の充実など、福祉保健局に要望した内容を議会に理解していただくよう訴えました。
 公明党からは、たちばな正剛政調会長をはじめ古城将夫、小林けんじ、まつば多美子都議が参加。請願書の紹介など、東友会の要望に協力するとの回答がありました。

対面して着席し面談する東友会代表と都議会公明党の代表
都議会公明党の議員と