被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

「東友」2015年11月号(373号)

ノーモア・ヒバクシャ東京第1次訴訟17人全員勝訴
「放射性降下物や誘導放射線、残留放射線の影響も十分考慮しなければならない」とする判決。同日大阪では不当判決。
一人ひとりが原爆被害と病気の「生き証人」 東友会医療講演会
「原爆症認定訴訟からみた被爆者の現状」がテーマ。講師は認定訴訟勝訴の医学的基盤を担う聞間(ききま)(はじめ)医師。
東友会被爆70年事業「福島連帯ツアー」 現地の深刻さ他人事ではない
小名浜の仮設住宅で被災者と交流。、被害の実態と裁判についての講演を聞き、被災地の視察を行いました。
広島・長崎はなんだったのか? ―今を戦前にしないために― 被爆70年集会
音楽劇や構成劇、被爆者4人の証言、合唱、リレートークなど。翌日から被団協全国代表者会議と厚労省交渉と政党要請行動。
原爆症認定ケースbyケース(2015年10月14日から11月18日)
東友会を通じて原爆症認定申請をしていた被爆者のうち8人が認定され、1人が却下されました。
【連載】知っておきたい放射線の豆知識 第11回 積算放射線量の計測
原子爆弾の最大の特徴であり、被爆者をいまも苦しめる放射線についての基礎知識を紹介していく連載です。€