被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

「東友」2015年9月号(371号)

都議会各会派がヒアリング がん検診の拡充、被爆二世施策の充実など要望
東友会は都議会3会派の東京都予算要望ヒアリングに参加。会派側から要請されて毎年実施しているもの。
ノーモア・ヒバクシャ訴訟の勝利と全面解決へ 団体へ要請行動
訴訟の勝利と全面解決を求めて、東京原告団、弁護団と東友会は、都内にある66団体に協力を要請。
在外被爆者の医療費全額支給 最高裁が判決
「被爆者はどこにいても被爆者」という原則が、医療費についても適用されることを明示したもの。
原爆症認定ケースbyケース(2015年7月18日から9月12日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出していた被爆者のうち11人が認定されましたので紹介します。
東友会被爆70年事業 ただいま進行中 9月
「世界へのことづて」記入用紙が多数届いています。被爆体験や核兵器廃絶への願いを真摯につづった文章です。
【連載】知っておきたい放射線の豆知識 第9回 核分裂と生成物の影響
原子爆弾の最大の特徴であり、被爆者をいまも苦しめる放射線についての基礎知識を紹介していく連載です。€