被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

「東友」2015年6月号(368号)

東友会の被爆70年事業すすむ 被爆者の記憶と願いを次世代に
被爆70年を迎え東友会は5つの事業を企画し取り組んでいます。
一般社団法人東友会総会 被爆70年の活動をみんなの手で成功させよう
1年間の主要な動きを整理した「基調報告」を確認、事業計画を決定。
東京都原爆被害者団体協議会総会 会費納入減への対応を議論
東京都原爆被害者団体協議会第59回総会は一般社団法人東友会総会に先立って開かれました。
日本被団協が総会と中央行動 核廃絶へ被爆者の決意固く
核兵器廃絶の潮流に被爆者が果たした役割を強調。「戦争をする国づくり」への危惧、憲法9条を守る決意が語られました。
ノーモア・ヒバクシャ広島訴訟で勝訴 白内障での認定に道開く
白内障だけを申請疾病とする原告4人に対する判決。厚労省の基準を大きく超えた条件の原告も勝訴しています。
ノーモア・ヒバクシャ訴訟全面解決へ 原爆症認定制度抜本改善を各党へ要請
全国原告団と弁護団、日本被団協と東友会の代表は、6党に政府・厚生労働省への働きかけを要請。
「要医療性」の条件広がる 「医療特別手当」の継続を実現
東京都が医療特別手当の継続は難しいと一度は判断した被爆者が、手当を継続できることになりました。
各国政府に核廃絶を訴えたい NPT要請団 東友会代表の感想
再検討会議傍聴、国連原爆展や学校などでの証言、各国政府への要請、NGOとの行動などに参加した9人の感想を紹介。
東友会被爆70年事業 広島・長崎墓参団 70年間の思いを胸に
墓参団全行程にNHKが同行取材、「被爆70年 もう一度故郷へ 在京被爆者広島・長崎への旅」の題名で放映。
おりづるの子(東京被爆二世の会) 会員数100人超える
ニューヨークで開かれたNPT(核兵器不拡散条約)再検討会議に要請代表団を送り出すという大きな取り組みに挑戦。
【連載】知っておきたい放射線の豆知識 第6回 地球と原子核の歴史
原子爆弾の最大の特徴であり、被爆者をいまも苦しめる放射線についての基礎知識を紹介していく連載です。€