被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

「東友」2015年3月号(365号)

東友会被爆70年事業「世界へのことづて」を開始 後世に伝えたいことをいま
「ことづて」運動は、東友会が東京の被爆者によびかける最後の語り残しになると思われます。
国の姿勢を糾そう 戦後70年・戦争被害のすべて解決を! 大集会
「ふたたびこの国を火の海にさせないために」「戦争被害すべてに国の償いを」を合い言葉に、浅草公会堂で800人参加の集会。
核廃絶の流れ加速できる活動を 首都圏のNPT要請代表団が学習会
世界の核兵器廃絶に向けた運動の経過とNPT再検討会議の意義や被爆者の役割など解説。
NPT要請団 東友会の代表9人の紹介と抱負
NPT再検討会議で核兵器廃絶を訴えるために、東友会は9人の代表をニューヨークに派遣します。
2015年3・1ビキニデーに参加して 被爆70年を核なき世界への転機に
ビキニデー集会などに参加した、出田卓(東友会理事・板橋)さんの報告です。
年一度でも喜ばれる訪問活動 年末見舞い交流会
今回も被爆者と原水協の人びとの励まし合いの深さを痛感させるものとなりました。
原爆症認定ケースbyケース(2015年2月17日から3月16日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出していた被爆者のうち12人が認定され2人が却下されました。
【連載】知っておきたい放射線の豆知識 第3回 質量数で決まる同位体
原子爆弾の最大の特徴であり、被爆者をいまも苦しめる放射線についての基礎知識を紹介していく連載です。€