被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

「東友」2014年12月号(362号)

東友会医療講演会 認知症への理解を深められた
「認知症とのつきあい方」をテーマに開かれました。講師は、川島診療所所長・谷川智行医師。
NPT要請・東友会代表団が初顔合わせ 被爆70年を核兵器廃絶の転機に
NPT(核兵器不拡散条約)再検討会議への要請団に参加する代表が訴えを読み上げ検討、経験者からはアドバイスが。
ノーモア・ヒバクシャ訴訟の勝利をめざす東京集会 原告、支援者、弁護士がスクラム
参加者それぞれが支援の思いを確認し合い、政府の動きや全国の訴訟の動きが報告され、争点についても説明が。
ノーモア・ヒバクシャ東京第1次訴訟 国側が裁判引き延ばしを画策
裁判長は政府側の要望を採用し、裁判の引き延ばしに一度は同意。傍聴者に支えられた弁護団の要請を受けて再検討。
ノーモア・ヒバクシャ東京第2次訴訟原告本人尋問 非がん疾患にも認定を
被爆者に多い循環器の疾病は近距離被爆者以外ほとんど認定されていない現状を打ち破りたいと訴訟。
年末見舞金を贈るつどい 半世紀にわたる連帯の歴史をふり返る
年末見舞い行動歴史が紹介され、「原爆被害者の基本要求から30年」と題した講演も。参加者からも熱心な発言が。
相互に助け合える相談活動を 東友会が地区相談事業交流会ひらく
介護関係の相談に対応するポイントを相談員が解説し、地区からは相談事業の工夫と悩みについて報告が。
【連載】被爆者医療ドクター訪問 谷川(たにがわ)智行(ともゆき)医師
被爆者医療を担っていてくださる先生方を紹介する連載です。