被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

「東友」2014年6月号(356号)

東友会総会 被爆70周年へ核戦争の生き証人として学び行動しよう
1年間の主要な動きを整理した「基調報告」を確認、事業計画を決定。原爆症認定制度改定問題について特別報告も。€
東京都原爆被害者団体協議会総会 高齢化に対応した活動めざす
東京都原爆被害者団体協議会総会は2014年6月1日、一般社団法人東友会総会に先立って開かれ、予決算など確認。
核兵器廃絶と被爆の実相普及の国際活動 被爆70年、NPT再検討会議へ
NPT再検討会議準備委員会で、東友会副会長で日本被団協代表理事の山田玲子さんが被爆体験と被爆者の願いを訴え。€
ピースアクション&ピースパレード 草の根から平和語り行動を続けよう
各構成団体が会員に募った都内の平和モニュメントの写真を紹介。正午からは渋谷の街を「ピースパレード」。
日本被団協定期総会 ノーモア・ヒバクシャ訴訟の全面支援を採択
核兵器廃絶、ノーモア・ヒバクシャ訴訟全面支援の各決議を採択。総会で採択した運動方針を具体化する中央行動で、各党へ要請。
東友会「憲法学習会」第2弾 憲法と集団的自衛権を考える
講師は、ノーモア・ヒバクシャ訴訟の弁護団のひとりである芝田佳宜弁護士。集団的自衛権と憲法第9条の解釈など説明。
東京の被爆者、被爆二世、医療機関等の現状 移り変わりと課題
東京都福祉保健局から資料データを提供していただきました。資料から見える東京の被爆者の実態を紹介します。
二世が被爆者の話を聞く意味を受け止めて おりづるの子(東京被爆二世の会)が総会
予算項目や会員拡大の方法など、具体的な質問・意見が。日本被団協事務局長次長の藤森俊希さんによる記念講演も。
原爆症認定ケースbyケース(2014年4月19日から6月16日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出していた被爆者のうち2人が認定され、1人が却下されましたので紹介します。
【連載】被爆者医療ドクター訪問 高見(たかみ)茂人(しげひと)医師
被爆者医療を担っていてくださる先生方を紹介する連載です。€