被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

「東友」2012年6月号(332号)

ピースアクション in TOKYO 「ヒロシマ・ナガサキを語りつぐ」 パレードは渋谷の街でアピール
日本被団協が制作したパネル「原爆と人間」の映写。説明文も朗読され感動をよびました。
被爆者援護法改正・国の償いを求める意見書採択 全国初、三鷹市議会で可決
葛飾区議会保健福祉委員会も全会一致で可決しました。€
原爆犠牲者慰霊碑の移転決まる 葛飾区青戸平和公園内に
毎年開いてきた「慰霊祭」も公立公園での式典となるため「追悼のつどい」の名称に。
東友会総会 一般社団法人への移行後に初
初めて被爆者以外に認められた医師、弁護士、被爆二世などの会員も参加して開かれました。
東京都原爆被爆者団体協議会総会 励ましあって被爆者運動を進めよう
協議会しか実施できなかった事業も法人の事業にできるため、組織整備を検討していくことを確認。
被爆67年「私の、私たちの手紙」 第2次締め切りまでに寄せられた手紙から
日本被団協の「国の償い実現国民運動」の成功を願って企画されたもの。一部を紹介。
2011年度相談件数が2万件を突破 東友会の相談事業はいま
東友会は委託事業をうけ、東京都と連携した相談事業をすすめてきました。相談件数はこれまでの最高に。
日本被団協が総会と中央行動 現行法改正で“ふたつの魂”を入れよう
「原発再稼働に反対する」特別決議も採択。中央行動では各政党と省庁へ要請。
原爆症認定制度の在り方に関する検討会 現行維持にこだわる厚労省
厚労省が期待する方向で進んでいる印象を持たせる「論議の整理」案を、被団協の委員はきびしく批判。€
原爆症認定ケースbyケース(2012年5月18日から6月16日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出した被爆者10人の審査結果です。
【連載】こんにちは地区の会です 北・双友会、豊島・豊友会
各区市の被爆者地区の会の自己紹介を連載します。それぞれ特徴ある会が登場します。€