被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

「東友」2012年3月号(329号)

東友会医療講演会 放射線被ばくと人体への影響について講演
「医師の目で見た福島原発の事故と放射線被ばく」がテーマ。講師は向山新医師。
原爆症認定制度の在り方に関する検討会 厚労省が現行制度の枠組み維持を蒸し返し
日本被団協は記者会見で、現行法の水準を引き下げることを意図したものときびしく批判。
「私の、私たちの手紙」運動 第1次締切に多様な内容の37通
書き手は被爆者のほか、原爆孤児になった人、被爆者の子ども、支援の人など多様。その一部を紹介。
賛同署名への協力を要請 初鹿議員が同期の議員を紹介
一つは賛同してくださる議員の紹介と原爆症認定制度の抜本改正についての民主党の尽力を要請。
被爆者年末見舞い行動交流会 意義と経験を交流
この見舞い行動は毎年、年末に行っているもの。各地の報告のおもな内容を紹介します。
人びとの共同と連帯で「核なき世界」への転機を 3・1ビキニデー集会の報告
2012年3・1ビキニデー集会に東友会代表として参加した、家島昌志さんのレポートです。
原爆症認定ケースbyケース(2012年2月19日から3月15日)
東友会を通じて原爆症認定申請を提出した被爆者5人の審査結果と、異議申立4件の結果です。
【連載】こんにちは地区の会です 中野・長広会
各区市の被爆者地区の会の自己紹介を連載します。それぞれ特徴ある会が登場します。€