被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

「東友」2008年1月号(279号)

東友会結成50周年 被爆者の願いを次代にしっかり手渡せる年に
「原水爆のないほんとうの平和にする、という祈りにも似た悲願を守り抜くために」結成されて50年。
2008年新春対談 東友会結成50年の歩みとこれからの被爆者運動
飯田マリ子会長と藤平(とうへい)(のり)副会長に、歩みをふり返りつつ、展望を語り合っていただきました。
厚労省が原爆症認定の新たな「審査のイメージ」
同省が進めてきた「原爆症認定に関する検討会」の「報告」を一切無視した内容。€
原爆症認定集団訴訟 初の「原告団会議」で意思統一
「これまで6地方裁判所が認定した幅広い疾病を原爆症と認定すること」など5項目を確認。
厚生労働大臣が原爆症認定集団訴訟原告と初会見
原告団は会議で採択された「原告の決意と訴え」をもとに5項目を要請。
厚労省「検討会」原爆症認定審査の現状追認 被爆者いっせいに抗議
検討会の「報告」は、被爆者切り捨ての「原因確率」を合理的だとし、6度にわたる敗訴の反省は全くなし。
原爆症認定集団訴訟 東京第1次訴訟控訴審 国側またも暴言
国側の、原爆で苦しむ人間の姿には全く目を向けず数字だけを声高にあげつらう弁論に怒りの声。
どうみる?厚生労働省の原爆症認定「新しい審査のイメージ(案)」
日本被団協は事務局長談話で従来の基準に比べれば「評価できる」としたうえで、4点の課題を指摘。
東友会相談員養成研修会 原爆症認定制度改善への現状は?
テーマは「見えてきた厚生労働省『検討会』とこれからの集団訴訟」。
年末見舞金を贈るつどい 支え合って46年、これからも…
被爆体験継承の重要性について問題提起、東京原水協の「6・9行動」の意義について報告も。