被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

「東友」2005年12月号(254号)

なによりも心があたたかに 18年目を迎えた東都生協との交流会
2005年の交流会は、千代田区、杉並区、府中市の都内3カ所で開かれました。
原爆症認定集団訴訟 東京訴訟 証人尋問 国は専門違いの質問ばかり
被爆者側の証人である濱谷正晴・一橋大学教授への国側の反対尋問。
原爆症認定集団訴訟 東京訴訟 本人尋問 傍聴席でもらい泣きも
最後の尋問にたったのは、葛飾の岡川精子さんと、三鷹の山本英典・原告団長。
国会議員要請、その後も続く 地元から粘り強く働きかけて
2005年10月19日に都合がつかず後日時間をとってくれた議員も。地区の会からの報告から紹介。
おりづるネットが駅頭で宣伝行動 高校生や大学生が積極的に署名
原爆症認定集団訴訟を広く訴えようと、御茶ノ水駅頭で宣伝・署名行動をおこないました。
原爆症認定集団訴訟の原告 福地義直さんが死去
自宅に私設の原爆展会場をつくり、被害の実相を伝えていました。
都庁職の衛生局支部と本庁支部から募金
衛生局支部は都の被爆者援護係の職員も加入している労組、本庁支部は都庁本庁舎で働く職員の労組です。
原爆証認定 ケースbyケース(2005年11月)
東友会を通じて原爆症の認定申請を出した被爆者の2件の審査結果です。