被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

被爆者の死亡届と葬祭料
申請者のフルネームが書かれた証明書類を

 被爆者本人からは「自分が死んだあとにする手続きを、家族にどう伝えておけばいいですか」、家族からは「被爆者である親が亡くなったのですが、必要な手続きはありますか」といった問い合わせが増えています。
 被爆者が亡くなったときの手続きには、〈1〉被爆者独自の死亡届、〈2〉葬祭料の申請の2つがあり、ふつうは同時に出します。手続きに必要な書類と注意点をまとめました。

被爆者の死亡届および葬祭料の申請に必要な書類

  1. 死亡届(被爆者用)
  2. 「葬祭料」支給申請書
    東京都では『死亡届(被爆者用)』と『「葬祭料」支給申請書』はつながった1枚の用紙です
  3. 死亡診断書のコピー
  4. 死亡者の被爆者健康手帳
  5. 介護手当以外の手当を受けていた場合はその手当証書、原爆症の認定被爆者は「認定書」
  6. 申請者が葬儀をおこなったことを証明する書類
    「葬儀社から発行された葬儀費用の領収書のコピー」「喪主(申請者)の名前が単独で印刷されている会葬礼状」など。

【重要な注意点】

「申請者が葬儀をおこなったことを証明する書類」は、申請者本人が明確に特定できるようお一人のフルネームで書かれている必要があります。しばしばある不備は、
葬儀社の領収書の宛先が「○○家 様」など個人名でない
会葬礼状の喪主が複数名で列記されている
ような場合です。このような書き方のものは、証明書類とは認められていません。

〈1〉独自の死亡届

 被爆者が亡くなったとき、自治体に出す一般的な死亡届の他に、被爆者独自の死亡届を、住んでいた都道府県庁(広島・長崎両市は市役所)に出す必要があります。このとき、被爆者健康手帳の返還、受けていた手当の事後処理などの手続きをおこないます。

〈2〉葬祭料の申請

 葬祭料は、死亡した被爆者の葬儀をおこなった人(一人だけ)に支給されます。葬儀をした人が家族以外でも申請できます。これまでの例では、身寄りのいない被爆者の葬儀をした友人・知人、アパートの大家さん、東友会相談員が申請したこともあります。
 2021年度の葬祭料は、21万2000円です。これは2021年4月以降に亡くなった被爆者が対象になります。葬祭料の申請を4月以降に出しても、被爆者が2021年3月までに亡くなっていた場合は、前年度額の20万9000円になります。

注意点

  • 死因が、天災や事故、被爆前からある先天性の病気など、原爆とは明らかに関係ないときは対象になりません。
  • 自殺は、被爆による苦しみが原因のひとつに考えられる場合には支給されています。
  • 葬祭料の申請期限は、死亡の日から5年以内です。
  • とくに「申請者が葬儀をおこなったことを証明する書類」は、申請者個人を照合・確認できる書き方になっていることが大切です。

被爆者の死亡に際して、他にも留意しておいたほうがいいことがあります。東友会までご連絡いただければ、詳しく説明いたします。