被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

被爆者の手当の更新 更新しないと手当が止まることも

 被爆者の手当のなかには、一度認められると終身で受けられるものもありますが、定められた期間ごとに更新が必要な手当もあります。

更新が必要な手当

 更新が必要な手当の概要を表にまとめました。表にない「特別手当」、「保健手当(一般)」、終身支給を認められた「健康管理手当」は、更新の必要はありません。「保健手当(高額)」は、認定された条件によって更新が必要です。

忘れず更新を

 更新手続きをしないと、手当が止められることがあります。更新書類は、本人宛に東京都から郵送されます。
 近年、高齢化のため被爆者本人が自力で対応できない事例が増えています。入院や施設入所、一時的に別居家族のもとに身を寄せているような場合、自宅宛に東京都から郵送された更新書類に気づかない事例もあります。
 転居したのに住所変更届を出していないような場合は、更新書類が宛先不明で届かないケースもあります。
 とくに東京都から送られてくる郵便物に注意し、忘れず更新手続きをしてください。

 不明な点は東友会にお問い合わせください。

更新手続きが必要な被爆者の手当

手当名 対象病名など 更新間隔 更新時期(東京都の場合)
医療特別手当 白内障以外のすべて 申請した年から3年ごと 該当する年の3月末に東京都から更新書類が郵送され、5月末までに提出します。
白内障のみ 申請した年の翌年
健康管理手当の一部
右に掲載のないものは「終身支給」です。更新手続きは必要ありません。
「造血機能障害」のうち、鉄欠乏性貧血 最高3年ごと 該当する年になると、「健康管理手当」を最初に申請した月の2カ月ほど前に東京都から更新書類が郵送されます。
この手当を受けている人ごとに最初の申請月が異なるので、更新時期も異なります。
「造血機能障害」のうち、その他の貧血症 最高5年ごと
「内分泌腺機能障害」のうち、甲状腺機能亢進症 最高5年ごと
「水晶体混濁による視機能障害」のうち、先天性・糖尿病性を除く白内障のみ 最高5年ごと
「潰瘍による消化器機能障害」のうち、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎 最高3年ごと
介護手当 一般(他人) 毎年 一般的には申請した月の2カ月前に東京都から更新書類が郵送されますが、それ以外の場合も。不安な方はお問い合わせを。
家族 毎年