被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

健康管理手当 一番受けやすい被爆者の手当

 東京都内在住の被爆者の平均年齢は80歳を超えましたが、被爆者の手当を受けられる条件があるのに、今でもいっさい手当を受けていない被爆者がいます。
 東友会相談所にも、何か被爆者の手当を受けたいという相談が寄せられます。最近、江戸川区などの地区相談員が連絡をとって説明し、数人の被爆者が「健康管理手当」を受給しました。今回は、被爆者の手当のなかで一番受けやすい「健康管理手当」について説明します。

手当受給の条件

 「健康管理手当」を受けられる条件は、指定された11種類の障害(下に表を掲載)に分類されている病気のどれかにかかっていて、医師の治療や経過観察を受けている被爆者です。 
 申請には、かかりつけの医師に専用の診断書を書いてもらい、申請書類を出します。認められると、毎月3万4770円(2019年度額)の手当が支給されます。
 ただし、病気の原因が明らかに、(1)遺伝や生まれつき、(2)伝染病・寄生虫病、(3)事故・中毒などの場合は、認められません。

手当の支給期間

 「健康管理手当」は、申請する病名によって、「終身」(更新なしで死ぬまで支給)で受けられる場合と、5年または3年ごとに更新が必要な場合があります(下表を参照)。
 現在、更新がある病気で手当を受けている人でも、更新の際に終身の病名で申請しなおすことができます。

申請の書類

 はじめて「健康管理手当」を申請する書類、更新期限のない病名で申請しなおす場合の書類は、東友会に連絡していただければお送りします。

健康管理手当を受けたら

 被爆者手帳を持っているだけでは利用できない「都営交通無料パス」などが利用できるようになります。

健康管理手当が受けられる病名と支給期限
障害名 病名 支給期限
造血機能障害 再生不良性貧血、血小板減少症、白血球減少症など 終身
鉄欠乏性貧血 3年
その他の貧血症 5年
肝臓機能障害 アルコール性、ウイルス性を除く肝炎・肝硬変など 終身
細胞増殖機能障害 すべての部位の悪性腫瘍(がん・白血病など) 終身
内分泌腺機能障害 糖尿病、甲状腺機能低下症、甲状腺腫など 終身
甲状腺機能亢進症 5年
脳血管障害 脳出血・くも膜下出血・脳硬塞など 終身
循環器機能障害 高血圧性心疾患・狭心症・心筋硬塞など 終身
腎臓機能障害 慢性腎炎・ネフローゼなど 終身
水晶体混濁による視機能障害 先天性・糖尿病性を除く白内障のみ 終身
呼吸器機能障害 肺気腫・肺線維症など 終身
運動器機能障害 変形性脊椎症・変形性関節症など 終身
潰瘍による消化器機能障害 胃潰瘍・十二指腸潰瘍・潰瘍性大腸炎など 3年

【注意】支給期限が「終身」とされた病名でも、診断書の「※2の疾病に係る病状が固定化しているかどうかについての意見」欄が「1 固定化している」に○がつけられていない場合は、更新が必要になりますのでご注意ください。