被爆者相談所および法人事務所
〒113-0034 文京区湯島2-4-4平和と労働センター6階
電話 03-5842-5655 ファックス 03-5842-5653
相談電話受付時間
平日 午前10時~午後5時、土曜 午前10時~午後3時

被爆者・二世の健康診断(春の定期健診) 制度を活用しましょう

 被爆者と被爆二世が無料で受けられる健康診断(春 前期)が、5月から6月末まで実施されます。
 東京都から、被爆者には「健康診断のしおり」(ピンク色)、東京都の「健康診断受診票」を持つ被爆二世には「健康診断のお知らせ」(薄緑色)が送られているはずです。ご確認ください。
 この無料の健康診断が受けられるのは、被爆者健康手帳所持者と東京都の「健康診断受診票(子)」の交付を受けている被爆二世、「第1種健康診断受診者証」をもつ黒い雨地域で被爆した人です。

無料で受けられる回数

 被爆者は、一般健診は定期健診2回と希望健診2回、その希望健診の内の1回を、男性4種・女性6種のがん検診に変えることができます。
 東京都内に住む被爆二世は、定期健診を2回まで無料で受けられ、定期健診の1回をがん検診に変えることができます。

無料で健康診断を受けられる上限と条件

被爆者 (「被爆者健康手帳」所持者)
定期健診(春・秋の年2回)、希望健診(年2回)
希望健診のうち1回を、がん検診に切り替えて受けられます。
年間の受診例: 定期健診1回・望健診1回・がん検診1回の計3回 など
被爆二世 (東京都の「健康診断受診票」所持者 がん検診は東京都の独自施策です)
定期健診(春・秋の年2回)
うち1回を、がん検診に切り替えて受けられます。
年間の受診例: 春の定期健診とがん検診、秋の定期健診とがん検診 など

受けられる検査項目

 被爆者、被爆二世とも、東京都は国基準の検査項目に独自の項目を追加しています。
 被爆二世のがん検診のうち「多発性骨髄腫」は国基準で実施されていますが、それ以外の項目を東京都は独自に追加しています。ただし、胃カメラ(内視鏡)による胃がん検診は、被爆者のみ実施し、被爆二世には実施していません。
 受診できる検査項目と受けられる人を表にまとめました。

一般健診の検査項目

検査項目 国基準 東京都
被爆者 二世 被爆者 二世
基本検査
問診、血液検査〈CRP検査・血球数計算・血色素検査〉、尿定性検査、血圧測定
受診可 受診可 受診可 受診可
胸部X線撮影検査
(東京都独自の追加項目)
なし なし 受診可 受診可
心電図検査
(東京都独自の追加項目)
なし なし 受診可 受診可
追加検査:医師が必要と認めたとき 肝機能検査 受診可 受診可 受診可 受診可
ヘモグロビンA1c 受診可 受診可 受診可 受診可
血清総コレステロール定量検査
(東京都独自の追加項目)
なし なし 受診可 受診可

がん検診の検査項目

検査項目 国基準 東京都
被爆者 二世 被爆者 二世
胃がん検診
問診および胃部直接、または間接X線検査。被爆者は、X線検査に替えて胃カメラ(内視鏡)検査を選択可
受診可 なし 受診可 受診可
肺がん検診
問診および胸部直接X線検査。医師が必要と認めたときは喀痰細胞診
受診可 なし 受診可 受診可
多発性骨髄腫検診
問診および血清蛋白分画検査
受診可 受診可 受診可 受診可
大腸がん検診
問診および便潜血検査
受診可 なし 受診可 受診可
 乳がん検診女性のみ
問診および、視診および触診、乳房X線検査=マンモグラフィ
受診可 なし 受診可 受診可
女性のみ 子宮がん検診
問診、視診、内診および頸部細胞診検査。医師が必要と認めたときは体部細胞診検査およびコルポスコープ検査
受診可 なし 受診可 受診可
  • 被爆二世に対するがん検診は、多発性骨髄腫検診を除いて東京都独自の追加項目です。
  • 全国では、東京都のほかに静岡県が被爆二世に対する独自のがん検診を実施しています。

積極的に受診を

 被爆二世の最高齢者は今年(2019年)73歳になり、東京都の「健康診断受診票」を持つ二世の平均年齢は56歳を超えます。多くの二世は「がん年齢」といわれる歳になっています。健康診断は、受ける義務があるわけではありませんが、この機会に積極的にがん検診を受けることをお勧めします。早期に発見できるほど、がんは治りやすくなります。
 健康診断を無料で受けられる医療機関は、「健康診断のしおり」、「健康診断のお知らせ」に紹介されています。
 がん検診は、事前に予約が必要なのものがあります。早めに予定を立てて受診することをお勧めします。

【解説】東京都の独自施策

 東京の被爆者が受けることができる検査項目は、国基準よりも充実しています。東京の被爆二世が受けることができる検査項目は、東京の被爆者と同じ水準です。
 これは、東京の被爆者が独自調査に基づいて必死の思いで運動し、都条例として勝ちとった成果です。
 制度は使わないと廃れていきます。自分自身の健康と家族のため、ぜひこの制度を活用し、積極的に健康診断を受けてください。