被爆者・被爆二世の転居手続き
手続きしないと制度が使えなくなることも

 被爆者や被爆二世から、転居したときの手続きの問い合わせや、相談の中で引っ越したことが明らかになるケースが増えています。
 被爆者や、「健康診断受診票」「医療券」を持つ被爆二世が、転居したり、結婚などで姓が変わった場合は、届け出が必要です。これは、住んでいる自治体(区市町村)への「転出届」と、引っ越し先の自治体への「転入届」などの一般的な届けとは別に、被爆者と被爆二世に必要な手続きです。

届け出が必要な理由

 「被爆者健康手帳」を持つ被爆者や「健康診断受診票」を持つ被爆二世は、東京都に登録されていることで、制度を利用することができます。住所などの変更を届けないままでいると、制度を利用できなくなってしまうことがあります。
 転居に必要な届けは、引っ越し先の区市町村の役所に手続きをして新しい「住民票」ができてから申請することになります。
 都内での転居と、他県への転出、他県から都内への転入、被爆者と被爆二世では違いがあります。全体を別表にまとめました。届け出用の書類は東友会にあります。お問い合わせください。

被爆者・被爆二世が転居するとき必要な書類と手続き

東京都内での転居・姓名の変更

被爆者:「被爆者健康手帳」所持者

  • 居住地(氏名)変更届
  • 住民票(転居後のもの)
  • 「被爆者健康手帳」
    (書き換え後に返送されます)
  • 手当受給者は「手当証書」
    (書き換え後に返送されます)
  • 支払金口座振替依頼書
    (転居にともない振替口座を変更したい人だけ)

被爆二世:東京都の「健康診断受診票」所持者

  • 居住地(氏名)変更届
  • 住民票(転居後のもの)
  • 「健康診断受診票」
    (書き換え後に返送されます)
  • 手当受給者は「手当証書」
    (書き換え後に返送されます)
  • 医療費助成を受けている人は「医療券」
    (転居にともない振替口座を変更したい人だけ)
  • 「医療券」を持っていて健康保険が変わった人は「健康保険証」の変更届

姓名の変更は、被爆者・被爆二世とも、上記に「戸籍抄本」を追加して提出します。
ただし、転居をともなわない場合、「住民票」は不要です。都外へ転出する場合は「転出」もご参照ください。

東京都からの転出

被爆者:「被爆者健康手帳」所持者

被爆者が他の道府県に転出するとき、東京都でおこなう手続きはありません。
転入先の自治体に転入届を出して住民票を登録するとき、「被爆者健康手帳」と「手当証書」を持参して手続き方法をご確認ください。

【注】海外に転居する場合は、事前に東京都に連絡してください。

被爆二世:東京都の「健康診断受診票」所持者

東京都から発行されていた「健康診断受診票」や「医療券」は、転出するときに東京都へ返却してください。東京都の被爆二世施策のうち独自の追加施策(がん検診、医療費助成など)は、他の道府県では使えません。

転入先の道府県で、新たに被爆二世の申請をおこないます。(各県の二世施策は、東京都の内容と異なる点に注意してください。)

他県から東京都への転入

被爆者:「被爆者健康手帳」所持者

  • 居住地(氏名)変更届(転入者用)
  • 住民票(東京都内の区市町村)
  • 「被爆者健康手帳」
    (書き換え後に返送されます)
  • 手当受給者は「手当証書
    (書き換え後に返送されます)

手当振込口座は「居住地(氏名)変更届(転入者用)」に記入欄があります。

被爆二世

東京都以外の道府県で被爆二世の登録をしていても、東京都では利用できません。
あらたに東京都の規定に従って被爆二世の申請をします。東京では、「健康診断受診票」の発行が、被爆二世の登録になります。