被爆者の諸手当 2018年4月分から増額

 健康管理手当、医療特別手当、特別手当、保健手当、介護手当などの被爆者の諸手当の支給額が、2018(平成30)年4月分から増額される予定です。
 これは、被爆者の諸手当が、年金などと同じに物価スライドによって増減されているためです。2017年は手当額が減り驚いた被爆者から問い合わせがありましたが、2018年は増額になります。
 介護手当のうち、東京都の独自加算分である、家族介護手当の月額1万7500円、一般(他人)介護手当の1日1000円×20日分の月額限度枠は変更がありません。
 葬祭料は、これまでと同額です。

【注意】

 介護手当については、2018年4月の介護分からが増額の対象になります。4月に振り込まれる手当額が自動的に増額になるわけではない点に注意してください。

 ここで挙げた被爆者の手当の申請書は東友会にあります。あらたな申請などは、東友会にご相談ください。

2018(平成30)年4月1日からの被爆者の手当額

手当名 手当額(予定)
2018年度(平成30年度) 増減額 これまで(2017年度)
医療特別手当 毎月140,000円 670円増 毎月139,330円
特別手当 毎月51,700円 250円増 毎月51,450円
健康管理手当 毎月34,430円 160円増 毎月34,270円
保健手当 一般 毎月17,270円 90円増 毎月17,180円
高額 毎月34,430円 160円増 毎月34,270円
注:上記の手当は、同時に2種類以上を受けることはできません。
手当名 手当額(予定)
2018年度(平成30年度) 増減額 これまで(2017年度)
介護手当 一般(他人) 重度 毎月125,290円上限 160円増 毎月125,130円上限
中度 毎月90,190円上限 110円増 毎月90,080円上限
家族 毎月39,480円 110円増 毎月39,370円
注:上記の介護手当の金額は、東京都独自の上乗せ分が含まれています。
注:介護手当は他の手当を受けていても受けられます。ただし、「家族介護手当」と「一般(他人)介護手当」を同時には受けられません。
手当名 手当額(予定)
2018年度(平成30年度) 増減額 これまで(2017年度)
葬祭料 206,000円 変わらず 206,000円
注:葬祭料は、葬儀を執り行った人が受けられます。申請にはその証明が必要になります。