相談電話のこえ

2017年「東友」5月号から

保健手当の更新について市役所に行って相談してみましたが…

 75歳、男性。広島1.5キロ直接被爆。保健手当高額の更新についての相談。

 この診断書が該当しないなら、保健手当の高額はあきらめます。診断書を出す保健手当の高額の条件は、ケロイドとか、身体障害がある場合なんですね。
 私は「70歳以上の身寄りのない独り暮らしの者」という条件で保健手当が倍額になると2年前に東友会に教えていただいて、受けてきました。
 しかし、毎年、民生委員にお願いして「同居している人がいない」という証明を書いてもらうことが必要なので、東京都から書類が届きます。
 去年の更新は初めてでしたので、民生委員がどなたかも分からず東友会のお世話で更新できました。今回は一人で市役所に行って相談してみました。でも市役所の人も、前に証明していただいた民生委員にも協力してもらえませんでした。
 東京都から来た封筒に診断書が入っていたので、これで更新できるかと、かかりつけの医師にお願いしましたが、それで更新できないなら仕方ありません。診断書の料金を負担しましたが、それは大丈夫です。

「相談電話のこえ」から 記事一覧にもどる

2017年「東友」4月号から

現在のお住まいが取り壊されることになり、転居先を相談しているのですが…

 89歳、女性。広島被爆。独居。認知症出現。今後の住居についてケアマネージャーよりの相談。

 担当をしているケアマネージャーです。現在お住まいの住宅が建て直しのため2年後に取り壊されることになりました。転居先を相談しているのですが、住み慣れた所を出たくないとおっしゃっています。
 ご本人は、お友だちと同じ場所で暮らしてこられました。そのお友だちはすでに亡くなり、今はお一人暮らしです。
 施設の申し込みもお勧めするのですが、知らない他人と一緒に生活するのは嫌がられます。
 見た目はお元気そうですが、最近認知症が進んできて、要介護度は2から4になりました。判断力はまだしっかりされているので、ご本人の意志を無視をすることはできません。
 家族はおられず、天涯孤独の状態です。財産管理の問題もあり、成年後見人制度の活用も考えていますが、いまのところ、ご本人が納得してくださるかどうかは疑問です。

「相談電話のこえ」から 記事一覧にもどる

2017年「東友」3月号から

父の有料老人ホームへの入所を考えています。なにか助成制度がありますか。

 91歳、男性、広島直爆。娘より介護助成、手当についての相談。

 父の有料老人ホームへの入所を考えています。なにか被爆者の助成制度があるのでしょうか。
 父は昨年まで元気に過ごしていました。暮れに倒れて入院し、まもなくリハビリ病院に移ることになっています。ただ、主治医からは「高齢でもあるので、リハビリをしてもこれまでのように自宅で生活するのは難しい。今後の事を考えておいてほしい」と言われました。
 いろいろ調べましたが、すぐ入れる施設は有料老人ホームしか見つかりません。
今、いただいている被爆者の手当は白内障で健康管理手当だそうです。この手当は、施設に入ってももらえるのでしょうか。
 東友会の資料を読むと、介護を受けるようになると「介護手当」が受けられたり、有料老人ホームでも手帳が使えるところがあるように書いてあったと思いました。
 父のような場合はなにが当てはまるのでしょうか。

「相談電話のこえ」から 記事一覧にもどる

2017年「東友」2月号から

これまで被爆者手帳の申請を拒否してきましたが、心不全を発病し…

 85歳、男性、広島入市被爆。被爆者手帳申請についての相談。

 私は、これまで被爆者手帳の申請を拒否してきました。しかし年をとり、心不全を発病して、申請することを決めました。
 8月6日の被爆時は、学友や教師と一緒に作業に向かう途中の芸備線のトンネルの中でした。その夜は宇品で宿泊し、翌7日に爆心地から1キロメートルほどの寺町にあった自宅に向かい、入市しました。途中姉とも合流し自宅に向かったのです。
 姉は手帳を申請し交付を受けました。私にも再三申請を勧めてくれました。
 しかし私は、当時見た凄惨な出来事を決して口にしたくはありませんでした。家族や子どもたちに対する差別が心配で申請はしませんでした。
 幸い子どもたちは結婚して独立し、差別への心配も薄らいできました。そんなとき心不全を発病し、いまも治療中です。介護の問題もあり被爆者手帳の申請をしたいと思うようになりました。すでに一緒に入市した姉も亡くなり、当時の事情を知っている人はいないのではないかと思います。
 被爆者手帳を発行してもらえるでしょうか。

「相談電話のこえ」から 記事一覧にもどる

2017年「東友」1月号から

離婚した夫をやむなく介護していますが、年金もなく介護人を雇うこともできません…

 93歳、男性。長崎被爆。独居。元の妻から介護手当の申請についての相談。

 すでに離婚した夫のことで電話しました。夫は、若いときに大量のお酒を飲んだり、愛人がいたりして、かなり荒れた生活を送っていました。
 年をとってきて、内臓全体が悪く、歩行も不自由になり、私に助けを求めてきたので、やむなく介護をしています。
 最近は、車イスでの生活になり、通院にも付き添うようになりました。認知症のため自分で薬の管理もできなくなりました。失禁も増えています。出前が嫌いだと言うので食事は作り置きして、掃除や洗濯もしています。
 まともに働いたことがなく、年金も受けられないので、介護人を雇うこともできません。
 医師からは、このままでは人工透析が必要になる病状だと言われました。介護保険のケアマネージャーさんからは、施設に入れたらどうかと言われています。
でも、意識がはっきりしているときもあるので、施設に入れるのは忍びないと思っています。

「相談電話のこえ」から 記事一覧にもどる